「日産ブルーバード・シルフィ」に小変更 新色もズラリ

2009.05.27 自動車ニュース

「日産ブルーバード・シルフィ」に小変更 新色もズラリ

日産自動車は、「ブルーバード・シルフィ」に小変更を実施し、2009年5月27日に発売した。

今回の変更で、ボディカラーはダークブルーやスチールブルーなど5つの新色含む全7色に。フロントウィンカーレンズの色も、クリアからアンバーになった。
インテリアでは、メーターやエアコンスイッチなどのデザインが改められた。

燃費表示機能付きの液晶オド・ツイントリップメーターの採用も新しい。さらに、カーウイングスナビゲーションシステムや、「20G」に標準となっているバックビューモニターを、全車にオプション設定するなどした。

価格は、「15S」の184万2750円から「20G」の236万2500円まで。

また、オーテックジャパンが手がける「ブルーバード・シルフィ アクシス」も同様の変更を受け、新色のダークブルー、ブリリアントシルバーを含む全4色で発売された。
こちらの価格は、231万9450円。

(webCG 関)

「ブルーバード・シルフィ 20G」
「ブルーバード・シルフィ 20G」 拡大
「ブルーバード・シルフィ アクシス」
「ブルーバード・シルフィ アクシス」 拡大

関連キーワード:
ブルーバードシルフィ, 日産, 自動車ニュース

日産 ブルーバードシルフィ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ティアナ(前編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る