日産、インテリアの質感に力を入れた「モダンコレクション」

2006.04.27 自動車ニュース

日産、インテリアの質感に力を入れた「モダンコレクション」

日産自動車は、インテリアの魅力を高めた特別仕様車「モダンコレクション」を、「ティアナ」「ブルーバード シルフィ」「ティーダ」「ティーダ ラティオ」に設定。2006年4月27日に発売した。

モダンコレクションのテーマは「SHIFT_ interior」、インテリアデザインをシフトするというもの。日産は昨今、内装にこだわりを見せており、2005年には「プレミアムインテリア」という特別仕様車を発表した。今回は2006年版の第1弾である。

モダンコレクションの特徴は、内装色に深みと味わいのある「ワイマラナー」色を採用した。ちなみにワイマラナーは、ドイツワイマール地方で愛された猟犬種で、短く滑らかな毛並みと、独特の光沢感を色で表現したと謳われる。生地には、柔らかな肌触りのスエードを組み合わせ、新しい上質感を演出したという。

価格は、「ティーダ15M モダンコレクション」(FF)の166万4250円から、「ティアナ230JM モダンコレクション」(FF)の282万4500円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

 
日産、インテリアの質感に力を入れた「モダンコレクション」の画像

写真は「ブルーバード シルフィ20M モダンコレクション」
 

	写真は「ブルーバード シルフィ20M モダンコレクション」
	 

関連キーワード:
ブルーバードシルフィ, ティアナ, ティーダ, ティーダラティオ, 日産, 自動車ニュース

日産 ブルーバードシルフィ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産、ティアナ全車に衝突回避システムを搭載 2015.12.18 自動車ニュース 日産自動車は2015年12月17日、セダン「ティアナ」の全グレードに「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」と「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、2016年1月6日に発売すると発表した。
ホームへ戻る