スバルの新型コンパクトカー「DEX(デックス)」発売

2008.11.13 自動車ニュース

スバルの新型コンパクトカー「DEX(デックス)」発売

富士重工業は、新型コンパクトカー「DEX(デックス)」を、2008年11月13日に発売した。

富士重工業は、2008年4月にトヨタ自動車およびダイハツ工業との間で、開発・生産の分野において新たな協力関係を結んだことを受け、今回、ダイハツ工業からのOEM供給でコンパクトカーをラインナップに加える。

新型車「デックス」は、「トヨタbB」の兄弟車にあたる「ダイハツ・クー」と基本的に同じクルマで、フロントグリル、エンブレム、リアガーニッシュがスバル専用となる。スクエアボディをいかして、直線を意識したメッキタイプのフロントグリルを採用。ターンランプ&フォグランプを縦置きにしたバンパーなどで、存在感をアピール。“スバルらしさ”を表現したという。

エンジンは、1.3リッター直4エンジン(92ps/12.5kgm)を搭載し、トランスミッションは4ATが組み合わされる。
グレードは、ベーシックな「1.3i」と、フルオートエアコンやアルミホイールなどを装備する上級モデル「1.3i-L」、さらに、エアロパーツなどで飾ったスポーティモデル「1.3i-S」の3種。それぞれにFFと4WDが用意される。

生産を受け持つのは、ダイハツ本社の池田工場(大阪府池田市)。そこから富士重工業に供給される。月間の販売台数は500台。
価格は、143万8500円から188万7900円まで。

(webCG ワタナベ)

スバルの新型コンパクトカー「DEX(デックス)」発売の画像 拡大
発表会には、デックスのCMに出演するタレントのエビちゃんこと蛯原友里さんがサプライズゲストとして登場。デックスの第一印象は「コンパクトなクルマなのに存在感があってカッコイイです。四角いのもイマドキって感じ」とコメントした。
発表会には、デックスのCMに出演するタレントのエビちゃんこと蛯原友里さんがサプライズゲストとして登場。デックスの第一印象は「コンパクトなクルマなのに存在感があってカッコイイです。四角いのもイマドキって感じ」とコメントした。 拡大
フロントグリルは、航空機の翼を表現して、スバルらしさを表現したという。
フロントグリルは、航空機の翼を表現して、スバルらしさを表現したという。 拡大

スバルの新型コンパクトカー「DEX(デックス)」発売の画像 拡大
リアの「六連星マーク」。フロントにあるのよりちょっと大きくなっているのがわかるだろうか。エビちゃんは“でかスバル”と表現していました。
リアの「六連星マーク」。フロントにあるのよりちょっと大きくなっているのがわかるだろうか。エビちゃんは“でかスバル”と表現していました。 拡大
「デックス」の語源は、スピーディさ、スマートさをイメージした、「Dexterity(デクステリティ)/器用さ、機敏さ」という言葉からの造語。
「デックス」の語源は、スピーディさ、スマートさをイメージした、「Dexterity(デクステリティ)/器用さ、機敏さ」という言葉からの造語。 拡大

関連キーワード:
デックス, スバル, 自動車ニュース

スバル デックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・トレジア1.3i-S(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.12.20 試乗記 ……172万2000円
    総合評価……★★★★

    「トヨタ・ラクティス」の兄弟車、「スバル・トレジア」に試乗。他のスバル車にも通ずるという、使い勝手や乗り心地を確かめた。
  • スバル、新型コンパクトカー「トレジア」発売 2010.11.29 自動車ニュース 富士重工業は、新型コンパクト「スバル・トレジア」を2010年11月27日に発売した。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.25 試乗記 フルモデルチェンジから3年を経て、再びの改良を受けた「スバルXV」。国内外の有力モデルがひしめくコンパクトSUV市場において、XVだけが持つライバルにはない魅力とは? わが道を行くスバル製クロスオーバーの、唯一無二の個性に触れた。
ホームへ戻る