「スズキ・シボレーMW」に快適装備を追加した特別仕様車

2008.08.05 自動車ニュース

「スズキ・シボレーMW」に快適装備を追加した特別仕様車

スズキは、シボレーと手を組んで製造販売するコンパクトワゴン「シボレーMW」に特別仕様車「Gセレクション」を設定し、2008年8月5日に発売した。

「Gセレクション」は、廉価モデルの「Vセレクション」に快適装備を追加したモデル。
シート表皮の一部にアルカンターラを採用したほか、本革巻ステアリングホイールや、運転席シートリフター、リモート格納ドアミラー、ターンランプ付きのドアミラーカバー、オートライトシステムなどが装備される。
さらに、ベース車では4WDに標準のシートヒーターがFFモデルにも採用された。

ボディカラーは、新色の紺色(ノクターンブルーパール)に、紫、黒、白の全4色を用意。
価格は、ベース車8万4000円高で、FFが115万5000円、4WDは127万7850円。

(webCG ワタナベ)

「スズキ・シボレーMW」に快適装備を追加した特別仕様車の画像

関連キーワード:
MW, シボレー, 自動車ニュース

シボレー MW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • 第163回:カーマニアの回り道 2020.2.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る