「ジープ・コンパス」2012年春に日本で販売開始

2012.01.19 自動車ニュース

クライスラー日本、新型「ジープ・コンパス」を2012年春に日本導入

クライスラー日本は2012年1月19日、ジープブランドのエントリーモデルとして、新型「ジープ・コンパス」を日本市場に導入すると発表した。発売は2012年春を予定しており、1月21日開幕の富山輸入車ショーを皮切りに各地の輸入車ショーに参考出品車として展示する。

今回日本導入が決まった「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。パトリオットが伝統的なSUVデザインを採用するのに対し、コンパスは若者や女性をターゲットにしたモダンなスタイリングが特徴となっている。また、インテリアにはパトリオットの上級グレード「リミテッド」と同等の快適装備や安全装備が付与されるという。

パワーユニットは、2リッター直4 DOHC 16バルブエンジンにデュアル可変バルブタイミング(VVT)を搭載。CVTとの組み合わせによって、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。また、日本におけるジープしては初めて、FF車のみが設定される。ハンドル位置は右のみ。
価格は現時点では明らかにされていない。

(webCG)

新型「ジープ・コンパス」
新型「ジープ・コンパス」 拡大

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ コンパス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
ホームへ戻る