「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

2012.01.30 自動車ニュース

「メルセデスRクラス」新エンジンで燃費向上

メルセデス・ベンツ日本は、クロスオーバーモデル「Rクラス」に新エンジン搭載などマイナーチェンジを施し、2012年1月30日に発売した。

今回、「メルセデス・ベンツRクラス」に新世代の3.5リッターV6直噴エンジンが搭載され、「R350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」として発売された。
新エンジンは、一段と燃焼効率の向上が図られ、最高出力は306ps(+34ps)に、最大トルクは37.7kgm(+2.0kgm)へとアップ。最新のトランスミッション「7Gトロニックプラス」の採用と相まって、燃費も約10%向上した。

また、これまでファブリックと合成皮革のコンビだったシート表皮は、「レザーARTICO」と呼ばれる合成皮革へと変更。インテリアの質感は大幅に高まったという。

価格は796万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツR350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」 拡大

関連キーワード:
Rクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Rクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」の日本導入を発表。取り回しのしやすいボディーサイズでありながら、高効率なパッケージにより3列7人乗りを実現している。グレードは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2種類。納車開始は2020年7月ごろを予定している。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る