ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

2012.02.06 自動車ニュース

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年2月6日、7人乗りSUV「XC90」の内外装を変更し、発売した。

エクステリアでは、プロテクションモールディングをボディー同色とし、フルカラーコーディネートを採用。新デザインのフロントバンパーのほか、テールランプに最新のLEDを用い、意匠も新しくなった。インテリアでは、3本スポークの本革巻き/アルミニウム ステアリングホイールや新アルミニウムパネルなどが採用される。
さらにスポーティー仕様の「R-DESIGN」パッケージも変更され、フロントグリルのメッシュ部がグロスブラック仕上げになるほか、専用本革スポーツシート、専用アルミニウムパネル、新デザインのステッチ入りドアインサートなどが採用される。

「XC90」の変更点
エクステリア
・フルカラーコーディネートの採用(フロント/リアバンパー下部、下部ドアモール、サイドシルのボディー同色化)
・新デザインのフロントバンパーバー(シルバーカラー)の標準装備
・ルーフレールのフット部分をシルバーカラーに変更(フルカラールーフレールの採用)
・最新のLED 技術を用いた新デザインのテールランプを採用
・18インチ”Thaila”アルミホイール7.5J×18(マットシルバー仕上げ)を採用
インテリア
・本革巻き/アルミニウム ステアリングホイール(3本スポーク)を採用
・新アルミニウムパネル(サンドシルバー仕上げ)を採用
・テールゲート用レザーストラップの標準装備

「R-DESIGN」パッケージの主な変更点
・専用本革スポーツシートに新デザインを採用
・専用フロントグリルのメッシュ部のグロスブラック仕上げ
・サイドウィンドウトリム(シルクメタル仕上げ)を採用
・専用マットクロームドアミラーカバーの採用
・専用アルミニウムパネルに新デザインを採用
・ステッチ入りドアインサートの新デザインを採用車

なお、「XC90」シリーズは現在「XC90 3.2 AWD SE」だけがラインナップされている。価格は「SE」が654万円、「R-DESIGN」パッケージ装着車は679万円。

(webCG ワタナベ)

「XC90 3.2 AWD SE」
「XC90 3.2 AWD SE」 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
「 R-DESIGN」パッケージ装着車 拡大

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る