ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

2012.02.06 自動車ニュース

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年2月6日、7人乗りSUV「XC90」の内外装を変更し、発売した。

エクステリアでは、プロテクションモールディングをボディー同色とし、フルカラーコーディネートを採用。新デザインのフロントバンパーのほか、テールランプに最新のLEDを用い、意匠も新しくなった。インテリアでは、3本スポークの本革巻き/アルミニウム ステアリングホイールや新アルミニウムパネルなどが採用される。
さらにスポーティー仕様の「R-DESIGN」パッケージも変更され、フロントグリルのメッシュ部がグロスブラック仕上げになるほか、専用本革スポーツシート、専用アルミニウムパネル、新デザインのステッチ入りドアインサートなどが採用される。

「XC90」の変更点
エクステリア
・フルカラーコーディネートの採用(フロント/リアバンパー下部、下部ドアモール、サイドシルのボディー同色化)
・新デザインのフロントバンパーバー(シルバーカラー)の標準装備
・ルーフレールのフット部分をシルバーカラーに変更(フルカラールーフレールの採用)
・最新のLED 技術を用いた新デザインのテールランプを採用
・18インチ”Thaila”アルミホイール7.5J×18(マットシルバー仕上げ)を採用
インテリア
・本革巻き/アルミニウム ステアリングホイール(3本スポーク)を採用
・新アルミニウムパネル(サンドシルバー仕上げ)を採用
・テールゲート用レザーストラップの標準装備

「R-DESIGN」パッケージの主な変更点
・専用本革スポーツシートに新デザインを採用
・専用フロントグリルのメッシュ部のグロスブラック仕上げ
・サイドウィンドウトリム(シルクメタル仕上げ)を採用
・専用マットクロームドアミラーカバーの採用
・専用アルミニウムパネルに新デザインを採用
・ステッチ入りドアインサートの新デザインを採用車

なお、「XC90」シリーズは現在「XC90 3.2 AWD SE」だけがラインナップされている。価格は「SE」が654万円、「R-DESIGN」パッケージ装着車は679万円。

(webCG ワタナベ)

「XC90 3.2 AWD SE」
「XC90 3.2 AWD SE」 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大

ボルボ、「XC90」の内外装を変更し発売の画像 拡大
「 R-DESIGN」パッケージ装着車
「 R-DESIGN」パッケージ装着車 拡大

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • ランボルギーニのV12ハイブリッドオープンモデル「シアン ロードスター」登場 2020.7.9 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2020年7月8日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー「Sián(シアン)FKP 37」のオープンモデル「シアン ロードスター」を発表した。台数19台の限定生産で、すでに全車完売となっている。
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • 4人乗り仕様の「ボルボXC90」が生産終了に 日本向け最後の10台が上陸 2020.7.1 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年7月1日、「ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス」の生産終了に伴い、日本市場向けの最終となる10台を販売すると発表した。
ホームへ戻る