クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

2012.02.16 自動車ニュース

クライスラー、新型コンパクトSUV「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー日本は、ジープブランドの新しいコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を2012年3月3日に発売する。

新型「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。ジープブランドのエントリーモデルとなり、これまでのジープのイメージにとらわれることなく、快適性と機動性を併せ持つ新しいシティークルーザーとうたわれる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4460×1810×1665mm、ホイールベースは2635mmと、「パトリオット」とほぼ同じ。
エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をコンパクトにしたような印象だが、7本縦型のスロットグリルはクロムで縁取られ、クォッドリフレクターヘッドライトやプロジェクターフォグランプなどにより、より洗練されたフロントマスクとなっている。

ツートンカラーのインテリアは、シートヒーター付きのレザーシートやマルチファンクション機能を搭載した本革巻きステアリングホイールを採用。60:40分割可倒式リアシートにはリクライニング機能が備わり、助手席のシートバックを前に倒すことでテーブルとしても使え、スキー板などの長尺物の積載も可能となる。

パワーユニットは、デュアル可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒エンジンで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。トランスミッションはCVTのみとなるが、マニュアルシフトが行えるオートスティックが備わる。駆動方式は前輪駆動のみとなる。燃費はJC08モードで10.5km/リッターとなっている。

ABS、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESPや、前後サイドカーテンエアバッグなどの安全機能は標準で備わる。

グレードは「リミテッド」のみで、価格は298万円。パワーガラスサンルーフ付きは308万円となる。右ハンドル仕様となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ コンパス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 「ジープ・レネゲード」に特別なボディーカラーをまとった限定車登場 2020.8.27 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月25日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に専用外装色や19インチホイールなどを採用した限定車「Slate Blue(スレートブルー)」を設定し、同年9月5日に発売すると発表した。
ホームへ戻る