【出展車紹介】「サーブ9-3」フェイスリフトでより力強く

サーブは、2008年モデルの新型「9-3」などを出展する。

GMのヨーロピアン・プレミアムブランドがサーブ。「みんな同じ顔に見える」という声も一部で聞かれるサーブだが、スリーホールグリルを継承しつつも少しずつ変化を続けている。

2008年モデルの「9-3」はエクステリアデザインの変更を受け、独特の「クラムシェル(二枚貝の貝殻)」を復活させながら、コンセプトカーの「エアロX」に似た力強い表情を得たことが売りとなる。

(文=knzy)

2007年モデル
2007年モデル 拡大
2006年ジュネーブショーに出展された「Aero X コンセプト」
2006年ジュネーブショーに出展された「Aero X コンセプト」 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • DS 4リヴォリBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2022.6.21 試乗記 世界で最も美しいクルマに選出されたDSオートモビルの新型「DS 4」。Cセグメントのベンチマークといわれる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の最新型に乗る筆者が、DS 4のディーゼル車に試乗し、肌で感じた両モデルの違いを報告する。
  • ヒョンデ・アイオニック5ラウンジAWD(4WD)【試乗記】 2022.6.10 試乗記 日本再上陸で話題のヒョンデ(旧称:ヒュンダイ)だが、再上陸したことではなく、クルマの仕上がりがもっと話題になってもいいのではないか。電気自動車「アイオニック5」の最上級グレード「ラウンジAWD」はほとんど文句なしの出来栄えだった。
  • 日産アリアB6(FWD)【試乗記】 2022.6.3 試乗記 「日産アリア」は、さすが最新の電気自動車! とうならされる力作だ。2010年にデビューした「リーフ」で課題とされていたポイントを見事にクリアし、優れたドライバビリティーを手にしている。300km余りをドライブした印象を報告する。
ホームへ戻る