ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル

2018.11.27 画像・写真

英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用し、ワンタッチで開閉操作が可能。作動に要する時間は19秒、車速が50km/h以下であれば、走行中でも操作できるようになっている。その姿を写真で紹介する。

◇関連ニュース:ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.20 試乗記 3代目に生まれ変わった「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に試乗。ブランド創立からの起伏に富んだ100年を乗り越えた、ベントレーの高度なエンジニアリングの神髄に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2020.4.20 試乗記 日本上陸を目前に控えた「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」に初試乗。最高出力550PSの4リッターV8ツインターボエンジンと最新「MSB」プラットフォームとのマッチングは? そしてW12との違いはどこにあるのか? 英国より報告する。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
ホームへ戻る