ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル

2018.11.27 画像・写真

英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用し、ワンタッチで開閉操作が可能。作動に要する時間は19秒、車速が50km/h以下であれば、走行中でも操作できるようになっている。その姿を写真で紹介する。

◇関連ニュース:ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • 【LAショー2018】ポルシェが8代目となる新型「911」を世界初公開 2018.11.28 自動車ニュース ポルシェが8代目となる新型「911」を発表。450psのエンジンを搭載した「カレラS/カレラ4S」では、先代より0-100km/h加速タイムが0.4秒短縮されるなど、動力性能が大幅にアップ。デジタル化が進められたインテリアや充実した運転支援システムも特徴となっている。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • ベントレー・ミュルザンヌ スピード(FR/8AT)【試乗記】 2018.11.15 試乗記 誰もが巨大だと思うサイズのボディーに最高出力537psの6.75リッターV8を搭載した、ベントレーの最高峰モデル「ミュルザンヌ スピード」。ボディーサイズにかかわらずドライバーズカーを標榜(ひょうぼう)する、ベントレー独自の世界観を公道で味わった。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」日本上陸 2017.12.19 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年12月19日、新型「コンチネンタルGT」を報道陣にお披露目した。日本国内での価格は2530万円で、2018年の第3四半期にデリバリーが開始される予定。
ホームへ戻る