「軽井沢ミーティング2019~笑顔。逢える。Roadster 30th Anniversary~」の会場から

2019.05.29 画像・写真

今年も「マツダ・ロードスター」の祭典「軽井沢ミーティング」の季節が到来した。軽井沢ミーティングは、ファンが主催する世界最大のロードスターファンミーティングであり、2019年5月26日に開催された今回で26回目を迎える。参加台数は年々増加し、今や会場のキャパシティーを超える規模に。このため、一昨年から愛車での参加は、事前申込者の中から抽選という方式に変更されている。それでも今年もロードスターだけで1044台が集結し、軽井沢が同車で彩られた。2019年は、ロードスター誕生30周年の節目となる年であり、サプライズとしてマツダブランドスペース大阪でのみ公開されていた「ロードスターRF 30周年記念車」を展示。さらに「NDロードスター」のサイン車が用意され、同車の30歳を祝福するファンたちが自身の名前を書き込んだ。恒例となったマツダ関係者をゲストに迎えたトークショーでは、ロードスター開発主査の交代がファンに報告され、新主査となった齋藤茂樹氏があいさつを行った。前任の中山氏は、主査の座は離れるものの、引き続きロードスターのチーフデザイナーを務めるとのことだ。午後の部では、“ミスターロードスター”こと、貴島孝雄氏などのマツダOBによる開発秘話や、「NAロードスター」レストアチームによる部品供給の最新情報およびレストア事業の報告会も実施された。会場内を見渡すと、活気にあふれているのは例年同様だが、若いユーザーが増えてきたように感じる。もともと、幅広いユーザーに愛されているロードスターだが、ここ数年で若いユーザーが増加傾向にあるようだ。世間では、若者のクルマ離れが……なんて声もあるが、ここに限っては無関係のようである。では、天候にも恵まれた軽井沢の様子をリポートしよう。(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
新着記事