「第61回 SHCC大磯ミーティング」の会場から

2019.05.31 画像・写真

2019年5月26日、神奈川県大磯町の大磯ロングビーチで、湘南ヒストリックカークラブ(SHCC)主催の「第61回 SHCC大磯ミーティング」が開かれた。

1980年代後半に始まったこのミーティングは、駐車場内の特設コースで行われるタイムトライアル(ジムカーナ)を中心とするもので、初夏と秋に年2回開催されている。出場資格は1969年までに生産された車両およびレプリカを含む同型車、そして主催者が認めた車両で、今回のエントリーは約90台。それらの参加車両は排気量やチューニング度合いなどによって9つのクラスに分けられ、午前と午後に2回タイムトライアルを行い、ベストタイムを競った。

近年は毎回のようにスペシャルゲストを招聘(しょうへい)しているが、今回は生沢 徹氏が初来場。「ポルシェ・カレラ6」を駆っての1967年第4回日本グランプリ優勝をはじめとする日本のレースでの活躍はもとより、日本人レーシングドライバーとして初めて欧州に渡りF3やF2、そしてポルシェのワークスドライバーとして国際スポーツカー選手権に参戦するなどの実績を残した“リビングレジェンド”である。1本目と2本目のタイムトライアルの合間にその生沢氏のトークショーが行われ、黎明(れいめい)期の日本のモータースポーツにまつわる貴重なエピソードが披露された。好天にも恵まれ大盛況だった会場から、出走車両を中心に紹介しよう。(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事