モーターサイクルショー「Throttle Roll/スロットル・ロール」の会場から

2019.06.18 画像・写真

2019年5月18日、オーストラリア・シドニーでカスタムバイクを中心にライフスタイルカルチャーをミックスしたイベント「Throttle Roll/スロットル・ロール」が2年ぶりに開催された。

2013年にスタートしたThrottle Rollは、昨2018年こそ諸事情により開催を見送ったが、今回で開催6回目を迎えたシドニーのカスタムバイクカルチャーを代表するイベント。これまでは野外スペースで開催されていたが、今回はシドニーの新たなトレンドスポットになりつつあるウォータールー地区の古い倉庫がその舞台となった。

主催は、チャリティーイベント「The Distinguished Gentleman’s Ride/ジェントルマンズ・ライド」の主催者でもある、マーク・ハーワー氏を中心としたモーターサイクルクラブ「Australian Café Racers」のメンバーたち。2階建ての倉庫の1階は事前登録した来場者の駐輪スペース。その2階に50台のカスタムバイクが並んだ。また隣接する平屋の倉庫はライブ会場となり、さらにその隣ではシドニーで人気を博すローカルフードのバンが並び、皆ドリンク片手に食事をしたり音楽を楽しんだり、もちろんカスタムバイク会場も盛り上がった。

オーストラリアとニュージーランドは、以前からビンテージバイク/カーの文化が盛んな場所としてマニアたちには知られていた。しかし、近年サーフィンとバイクカルチャーをミックスした「Deus EX Machina/デウス・エクス・マキナ」や、先にも紹介したバイクを使ったチャリティーイベント、The Distinguished Gentleman’s Rideの発祥の地としても知られている。また「BikeEXIF/バイク・エグジフ」「Pipeburn/パイプバーン」「Return of the CafeRacer/リターン・オブ・ザ・カフェレーサー」といった、今のカスタムバイクカルチャーをけん引してきたカスタムバイク系ポータルサイトが生まれた地域でもある。

そんな新しいバイクカルチャーの情報発信源でのイベントは、多様なスタイルのバイクとライダーとカルチャーが見事にミックスした、そして情熱にあふれたイベントであった。

(文と写真=河野正士)

あなたにおすすめの記事
新着記事