「第29回 東京ベイサイド・クラシックカップ」の会場から

2020.08.04 画像・写真

2020年7月23日、千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦フォレストレースウェイで、「第29回 東京ベイサイド・クラシックカップ(TBCC)」が開かれた。

このイベントはビギナーでも気軽に参加できるクラシックカーレースというコンセプトのもとに、2013年7月に始まった年間4戦のシリーズ戦である。8シーズン目の初戦となる今回は6月14日に開催予定だったが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて延期され、およそ40日遅れての実施となった。もちろんすべての入場者にはマスク着用および検温を義務づけ、表彰式でもソーシャルディスタンスを保つなどの感染対策を踏まえての開催である。

レースの参加資格は1972年までに生産された車両(継続生産された同型車含む)で、車両のポテンシャルおよびドライバーのスキル(ラップタイム)によって、下位からクラブマンズカップ、クリスタルカップ、スーパークリスタルカップ、ハイパークリスタルカップの4クラスに分けて競う。今回のエントリーはクラブマンズカップが27台、クリスタルカップが23台、混走となったスーパークリスタルカップとハイパークリスタルカップが17台の計67台。このほか年式を問わないスポーツ走行と戦前車によるヴィンテージスポーツ走行に、合わせて49台が参加した。

当日は前夜からの雨が降り続いていたが、午前8時40分に始まった最初のプログラムであるスポーツ走行の間にほぼ上がった。それからも雨粒が時折落ちてくることはあったものの、決勝までに走行ラインはほとんど乾き、随所で熱いバトルが繰り広げられた。なお今季の開催予定は、現時点では第2戦が9月13日、第3戦が12月6日、第4(最終)戦が2021年3月7日となっている。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事