クラシックカーイベント「ガソリン自動車遠乗会112周年記念 大遠乗会」の会場から

2020.12.17 画像・写真

2020年12月13日、東京都国立市に本拠を置く自動車クラブ「オートモビルクラブジャパン」が、「ガソリン自動車遠乗会112周年記念 大遠乗会」を実施した。

今から112年をさかのぼる1908(明治41)年に、国産初のガソリン自動車「タクリー号」をつくらせたほどのクルマ好きで、「自動車の宮さま」と呼ばれた有栖川宮威仁親王が、3台のタクリー号を含む11台による日本初のガソリン自動車による遠乗会(とおのりかい=ドライブ)を主催した。日比谷公園を出発した一行の目的地が国立市にある谷保天満宮で、到着後に行われた食事会の席で、わが国初の自動車クラブとなるオートモビルクラブジャパンが設立されたのだという。

それから103年を経た2011年に国立市周辺在住のクルマ好きが集い、故事にちなんでオートモビルクラブジャパンを復活させた。以来「谷保天満宮旧車祭」や「熱海ヒストリカG.P.」などのクラシックカーイベントを主催してきた。例年なら12月には谷保天満宮旧車祭が開催されるが、今年は新型コロナ禍から中止を余儀なくされたため、その代わりとしてクラブ員を対象とした、ガソリン自動車遠乗会112周年記念 大遠乗会が実施されたのである。

当日は112年前の遠乗会をなぞるべく、日比谷公園に近い東京都港区芝公園にある東京プリンスホテルの駐車場に112台の参加車両が集合。そこをスタートした参加車両は、日比谷公園 霞門交差点でトリップメーターをゼロに戻し、祝田橋~桜田門~三宅坂を経て、半蔵門から新宿通り/甲州街道(旧道)を西進して谷保天満宮に至る往時のルートをトレース。そこからJR国立駅を経てゴールとなる谷保第三公園に至る、全行程約32km、時間にして2時間弱のドライブを楽しんだ。その大遠乗会から、参加車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事