「スズキSX4」にセダンバージョンが登場

2007.07.24 自動車ニュース

「スズキSX4」にセダンバージョンが登場

スズキは、クロスオーバーモデルの「SX4」シリーズに、セダンバージョン「SX4セダン」を追加設定。2007年7月24日に発売した。

「SX4セダン」は、その名の通り、5ドアハッチバックの「SX4」にトランクルームを追加したモデルだ。2007年3月のジュネーブショーでデビュー。すでに中国やインドで発売されている。
5名乗車時の荷室容量は、ハッチバックの270リッターから515リッターに倍増。全長×全幅×全高=4490×1730×1545で、ベースのSX4に比べて、335mm長く、40mm低くなった。幅とホイールベース(2500mm)は変わらない。

エクステリアは、リアだけでなく、フロントのグリルとバンパーもセダン専用品に。エンジンは1.5リッターで、FFのみラインナップする。
足まわりはセダン用に再調整。「実用性を高めつつ、長距離ドライブを気持ちよく楽しめる乗り心地の良さを追求した」と謳われる。

ユーティリティ面では、キーレススタートシステム、イモビライザー&セキュリティアラーム、ガラスアンテナ、抗菌インテリアなどが標準で備わる。

価格は、ベーシックな「1.5F」が149万1000円で、上級グレードの「1.5G」が165万9000円。
ちなみに、5ドアハッチバックのSX4は、1.5リッターのFFモデルが149万1000円から164万8500円で、2リッターのFFモデルが182万7000円、4WDモデルは各車21.0万円高くなる。
年間の目標販売台数は、「SX4」シリーズ全体で1万台となっている。

(webCG 関)

「スズキSX4セダン 1.5G」
「スズキSX4セダン 1.5G」

関連キーワード:
SX4セダン, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • 大きめサイズのスズキのセダン「キザシ」誕生 2009.10.22 自動車ニュース スズキは2009年10月21日、第41回東京モーターショーの会場で新型車「キザシ」を発表。同日に発売した。
  • 新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から 2019.8.23 画像・写真 2019年8月24日、東京・青山で新型「ルノー・トゥインゴ」の展示会が行われる。一般向けの公開に先立って行われたメディア向け展示会の様子を、マイナーチェンジを受けたトゥインゴの詳細な姿とともに、写真でリポートする。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
ホームへ戻る