スズキ「SX4セダン」、インド市場で販売開始

2007.05.08 自動車ニュース

スズキ「SX4セダン」、インド市場で販売開始

スズキのインドの子会社マルチ・ウドヨグ社は、2007年5月7日、インド市場に向けた小型乗用車「SX4セダン」を発表した。

「SX4セダン」は、2006年7月4日に発売されたクロスロードモデル「SX4」のセダンバージョン。1.6リッターのエンジンを搭載し、実用的なサイズと快適性を実現したという。今回、2007年1月から販売が開始されている中国につづき、インド市場での発売となった。

生産はハリアナ州マネサールにあるマルチ社の新工場で行なわれ、同社が生産販売するラインナップの中で最上級モデルとなる。

マルチ社は、既存のグルガオン工場と新マネサール工場の合計生産台数をを2009年度までに96万台にまで引き上げる計画だという。


(webCG 玉城)

 
スズキ「SX4セダン」、インド市場で販売開始の画像

関連キーワード:
SX4セダン, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・キザシ(4WD/CVT)【試乗記】 2009.12.4 試乗記 スズキ・キザシ(4WD/CVT)
    ……302万9250円

    2009年の東京モーターショーで突如デビューした「スズキ・キザシ」。プレミアムセダン市場というジャンルに新規参入するスズキのチャレンジ作、その実力やいかに?
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
ホームへ戻る