プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

2007.06.08 自動車ニュース

プレサージュ「ライダー」「アンシャンテ」も一部改良

オーテックジャパンは、「日産プレサージュ」の一部改良にともない、「ライダーシリーズ」と、福祉車両ライフケアビークル「アンシャンテ」を設定。2007年6月7日に発売した。

二本立ての「ライダー」シリーズ

「250XG」(FF/4WD)と「350ハイウェイスター」(FF)をベースに、「ライダー」と「ライダーS」の2モデルを用意。
両モデルとも、専用のエアロパーツやフジツボ製スポーツマフラー、17インチアルミホイールなどを装着し、シート地やドアトリム地、インストパネルも専用のものとなる。
ライダーSはこれに加えて、高性能な17インチタイヤと、専用のスポーティサスペンションを標準で備え、よりスポーティな味付けがされているという。

ボディカラーは、ホワイトパール、ブリリアントシルバー、サファイアブラック、ディープカシスの4色。内装色は、ライダーがベージュ系のエクリュ、ライダーSがブラックとなる。

価格は、ライダー、ライダーSともに、291万9000円から339万1500円。

「アンシャンテ」は二種類の電動シート

アンシャンテは、250XL」と「250ハイウェイスターJ」(FF/4WD)をベースに、「助手席スライドアップシート」と「セカンドスライドアップシート」の二種類のシートが用意される。
前者は助手席が、後者は二列目シートの左側が、電動で回転・昇降するもので、クルマへの乗り降りを容易にしている。
また、両モデルに「電動シートスライド&リクライニング」「ワイヤレスリモコン」「胸部固定ベルト」などが標準装備される。

価格は、「助手席スライドアップシート」「セカンドスライドアップシート」ともに、301万8750円から331万2750円。

(webCG 依田)

「ライダーS」
「ライダーS」
「ライダー」
「ライダー」
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール
「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」

「アンシャンテ(助手席スライドアップシート」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」
「アンシャンテ(セカンドスライドアップシート)」

関連キーワード:
プレサージュ, 日産, 自動車ニュース

日産 プレサージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW X4 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.7 試乗記 最高出力510PSの3リッター直6ツインターボエンジンを搭載した「BMW X4 Mコンペティション」に試乗。「X4」に初めてラインナップされた、正真正銘の“M”モデルの出来栄えやいかに!?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る