「メルセデスCLSクラス」、新エンジン搭載モデルなどラインナップ刷新

2006.09.04 自動車ニュース

「メルセデスCLSクラス」、新エンジン搭載モデルなどラインナップ刷新

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの高級“4ドアクーペ”「CLSクラス」のラインナップを刷新し、2006年9月4日に発売した。3車種構成は変わらずだが、エンジン変更、装備充実などが行われた。

まず新設定となる「CLS 550」。従来の「CLS 500」から0.5リッター増の5.5リッターV8(387ps、54.0kgm)を搭載する。1039.5万円。

最上級モデルは「CLS 63 AMG」。スーパーチャージャー付き5.4リッターV8から、AMGチューンで514psを発生させる6.3リッターV8にスイッチ、強化型エアサスペンションやブレーキシステムなどを奢った。1428.0万円のプライスタグを付ける。

エントリーモデル「CLS 350」は、装備内容の充実を図り、本革シート(前席シートヒーター付き)、18インチアルミホイールを標準装備とするなどした。871.5万円。

(webCG 有吉)

メルセデス・ベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/

「メルセデスCLSクラス」、新エンジン搭載モデルなどラインナップ刷新の画像

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, -->, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る