「トヨタRAV4」、盗難防止配慮

2006.08.03 自動車ニュース

「トヨタRAV4」、盗難防止配慮

トヨタ自動車は、「RAV4」を一部改良し、2006年8月3日に発売した。

「X」と「SPORT」両グレードに、IDコードが登録された正規のキー以外ではエンジンが始動しないエンジンイモビライザーシステムを標準装備した(残るGグレードでは従来より標準装備)。
価格は、198万4500円から248万8500円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「RAV4」:
http://toyota.jp/rav4/

「トヨタRAV4」、盗難防止配慮の画像

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, -->, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る