クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ RAV4 試乗記・新型情報

「トヨタRAV4」は、1994年5月に登場したクロスオーバーSUV。全長3.7m未満のコンパクトな3ドアボディーに2リッター直4エンジンとフルタイム4WDを搭載。変速機は5段MTまたは4段AT。後に「RAV4 V(ファイブ)」と名乗るホイールベースを延ばした5ドアやFF仕様も追加された。アウトドアでも都会でも、乗用車感覚で乗れるコンパクトでカジュアルなモデルとして大ヒット。“ライトクロカン”と呼ばれるカテゴリーを創出し、多くのフォロワーを生んだ。2000年に世代交代した2代目はボディーを拡大して3ナンバーサイズとなり、エンジンはFFが1.8リッター、4WDが2リッターを搭載。2005年に登場した3代目ではボディーはさらに大型化され5ドアのみとなり、パワートレインは2.4リッター直4+CVTとなった。海外専用となった4代目を経て、本格クロスオーバーとしてのデザインや走行性能が与えられた5代目が日本にカムバック。2019年4月に発売された。

トヨタ RAV4 試乗記 トヨタ RAV4 ニュース トヨタ RAV4 画像・写真
  • 2019.7.30 試乗記

    トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】

    1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。

  • 2019.7.29 試乗記

    トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】

    同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。

  • 2019.6.24 試乗記

    トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】

    約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。

  • 2019.5.30 試乗記

    トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】

    SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。

  • 2019.4.16 試乗記

    トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】

    日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。

  • 2019.4.12 試乗記

    トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】

    ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。

  • 2019.4.10 自動車ニュース

    オフロード性能を磨いた新型「トヨタRAV4」発売

    トヨタ自動車は2019年4月10日、SUV「RAV4」の新型を発表。同日、販売を開始した。2リッターのガソリン車と2.5リッターのハイブリッド車がラインナップされ、一部のグレードでは4WD車のほかにFF車も選択可能となる。

  • 2019.2.22 自動車ニュース

    新型「トヨタRAV4」の日本仕様の姿が明らかに

    トヨタ自動車は2019年2月20日、同社のオフィシャルウェブサイトで新型「RAV4」の日本仕様のプロトタイプモデルを初公開した。内外装の画像のほか、日本では2019年春ごろの発売予定であること、取扱店舗がカローラ店およびネッツ店であることなどが確認できる。

  • 2018.11.20 エッセイ

    第112回:国内市場の特殊化が止まらない

    清水草一の話題の連載。第112回は「国内市場の特殊化が止まらない」。グローバルで売れる日本車は、国内で全然売れてない!? 世界販売ランキングとはまったく違う様相を見せる国内市場。今、大手国産ディーラーは輸入車をどう見ているのか?

  • 2018.8.17 デイリーコラム

    何でいまさらカムバック?
    最新SUVに見るホンダとトヨタの販売戦略

    一度は日本市場から姿を消したSUV、「ホンダCR-V」と「トヨタRAV4」が相次いで“復活”する。なぜ、このタイミングでのカムバックとなったのか? 発売を前にその背景について考察する。

  • 2018.4.18 デイリーコラム

    一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”

    2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。

  • 2018.3.28 自動車ニュース

    【ニューヨークショー2018】トヨタ、新型「RAV4」を世界初披露

    トヨタ自動車は2018年3月28日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、米国仕様の新型「RAV4」を世界初披露すると発表した。米国では2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)、日本では2019年春頃の発売を予定しているという。

  • 2018.3.16 自動車ニュース

    【ニューヨークショー2018】トヨタが新型「RAV4」を世界初公開

    トヨタ自動車は2018年3月13日、ニューヨーク国際自動車ショー(開催期間:2018年3月28日~4月8日)で、新型「RAV4」を世界初公開すると発表した。

  • 2012.12.3 自動車ニュース

    トヨタが「RAV4」の全車に横滑り防止装置を採用

    トヨタ自動車は2012年12月3日、ミドルサイズSUV「RAV4」に一部改良を実施し、販売を開始した。

  • 2012.11.29 画像・写真

    LAショー2012の会場から(その1)

    ロサンゼルスオートショーが開幕。トヨタのブースには新型「RAV4」が出展された。

  • 2012.5.8 自動車ニュース

    トヨタ、テスラと共同開発した「RAV4 EV」を発表

    トヨタ自動車の米国における販売会社である米国トヨタ自動車販売(TMS)は2012年5月8日、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催中の第26回国際電気自動車シンポジウム(EVS 26)で、テスラモーターズ(テスラ)と共同開発した電気自動車「RAV4 EV」を発表した。 

  • 2008.9.2 自動車ニュース

    「RAV4」マイチェンでエアロパーツも新しく

    トヨタモデリスタインターナショナルは2008年9月1日、「トヨタRAV4」用のカスタムパーツを発売した。

  • 2008.9.1 自動車ニュース

    「トヨタRAV4」グレードごとに違う顔を採用

    トヨタ自動車は2008年9月1日、SUVの「RAV4」のマイナーチェンジを実施。グレードごとに異なるフロントマスクを与えるなど、一部変更が行われた。 

  • 2007.9.6 自動車ニュース

    「トヨタRAV4」に専用内装の特別仕様車

    トヨタ自動車は2007年9月6日、コンパクトSUV「RAV4」の特別仕様車「Xリミテッド」を発売した。 

  • 2006.8.3 自動車ニュース

    「トヨタRAV4」、盗難防止配慮

    トヨタ自動車は、「RAV4」を一部改良し、2006年8月3日に発売した。

注目の記事PR
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。
    「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。