グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレード

2005.01.26 自動車ニュース

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に2つの新グレード

プジョー・ジャポンは、グラスルーフを持つステーションワゴン「307SW」に、専用スポーツシートなどを採用した「XSi」と、フルレザーインテリアの上級グレード「Griffe」を追加設定。2005年2月4日に発売する。

「307SW XSi」は、前席に307XSiと同じサイドサポートの張り出したスポーツシートを装着し、スポーティ感覚とSWのユーティリティ性を融合したというグレード。シート表皮は、レザー/ファブリックがコンビネーションで使われる。後席は標準グレードと同様、個別に取り外しできるモジュラーシートとなり、多彩なシートアレンジが可能だ。エクステリアには、17インチアロイホイールやドアステップガードなどを採用し、控えめに演出。アクティブセーフティデバイスのESPが、標準で備わるのもポイントである。
価格は、ベース車の8.5万円高となる304.0万円

「307SW Griffe」は、フルレザー内装を採用したシリーズ最上級モデル。こちらも2列5人乗り仕様で、後席は取り外しできることに加え、リアプロテクションネットを標準装備する。エクステリアは、17インチアロイホイールとアルミドアステップガードを採用した。
価格は、ベース車より10.5万円高い306.6万円。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

グラスルーフを持つ「プジョー307SW」に、2つの新グレードの画像

関連キーワード:
307SW, 307, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 307SW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • アウディがよりスポーティーに進化した新型「A3スポーツバック」を発表 2020.3.4 自動車ニュース 独アウディは2020年3月3日、新型「A3スポーツバック」を発表した。前後のホイールアーチを強調する、よりスポーティーなデザインが特徴で、欧州では同年3月に発売、5月に納車が開始されるという。価格は「1.5 TFSI」で2万8900ユーロ(約350万円)から。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る