ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

2004.11.19 自動車ニュース

ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへ

本田技研工業の米国現地法人アメリカン・ホンダモーターは、2004年11月16日、米ニューヨーク州政府と燃料電池車「FCX」を2台販売することで合意したと発表した。契約は2年間で、1台目の納車は12月に行われる予定という。

今回ニューヨーク州政府に納車される2台の「FCX」は、自社製の燃料電池スタック「Honda FC STACK」を搭載したもの。
ホンダにはカナダのバラード社製スタックを載せたFCXもあるが、ホンダ製スタックは、従来型では難しかったマイナス20度Cからプラス95度Cまでの幅広いレンジで発電が可能という。冬季には氷点下になるニューヨークでの“実地実験”で、燃料電池車の実用化に向けた情報収集を行う。

なお、両FCXとも、アメリカにおける販売要件となる米国環境保護庁(Environmental Protection Agency:EPA)とカリフォルニア大気資源局(California Air Resources Board:CARB)認定を取得済み。EPAとCARBの認定を受けた燃料電池車は、ホンダいわく、FCXのみという。
2002年12月の内閣府、ロサンゼルス市への納車を皮切りに、日米で販売という名のテストが行われている。

(webCG 有吉)

本田技研工業「FCX」:
http://www.honda.co.jp/FCX/

 
ホンダの燃料電池車「FCX」がニューヨークへの画像

関連キーワード:
FCXクラリティ, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
ホームへ戻る