ホンダ、「FCXクラリティ」の日本仕様車を公開

2008.07.02 自動車ニュース

ホンダ、「FCXクラリティ」の日本仕様車を公開

本田技研工業は、2008年7月7日から開催の北海道洞爺湖サミットに提供する新型燃料電池車、「FCXクラリティ」の日本仕様車を公開した。

既報の通り、6月16日に北米仕様車をラインオフした「ホンダFCXクラリティ」。このたび、お膝元である日本向けの車両が公開された。

最終的なボディサイズは、全長×全幅×全高=4845×1845×1470mmで、ホイールベースが2800mm。車重は1635kgだ。
駆動方式は、FF。満タン171リッターの圧縮水素ガスを元に、「V Flow FCスタック」で電気を生成。モーター(134ps、26.1kgm)を駆動して、約620km航行できる(10・15モード走行時)。最高速度は160km/hだという。

インテリアも、植物由来の新素材「Hondaバイオファブリック」を採用するなど、エコロジーテイストなもの。乗車定員は4名で、エアバッグシステムやVSA(ヴィークル・スタビリティ・アシスト)、フロントアクティブヘッドレストといった今どきの安全装備に守られる。

日本では当面、官公庁と一部の民間企業へのリース販売を予定。台数は、海外(北米)と合わせて、3年間で200台程度だという。また来年からは、同車の魅力を伝えるべく、全国で一般向けイベントを開催するとのことである。

(webCG 関)

「ホンダFCXクラリティ」
「ホンダFCXクラリティ」
 
ホンダ、「FCXクラリティ」の日本仕様車を公開の画像
 
ホンダ、「FCXクラリティ」の日本仕様車を公開の画像

関連キーワード:
FCXクラリティ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2018.8.24 試乗記 ホンダの次世代環境対応車「クラリティ」シリーズに、第3のモデル「クラリティPHEV」が登場。プラグインハイブリッド車としての高い性能を、制約の多いセダンボディーでかなえた同車に、技術オリエンテッドな“ホンダらしさ”を見た。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
ホームへ戻る