「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良

2004.10.26 自動車ニュース

「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」の内外装をリフレッシュするとともに、新型エンジンを搭載するなどの改良を施し、2004年10月25日に発売した。

リアオーバーハングを300mmストレッチした派生車種「コルトプラス」の発表と同時に、オリジナルの「コルト」にも改良が施された。
新型では、内外装をリフレッシュ。エンジンをオールアルミユニットに変更したほか、1.5リッターターボを積む「ラリーアート」仕様を追加するなど内容の充実が図られた。

エクステリアでは、前後バンパーの意匠を変更。クロームメッキを配したフロントグリルを採用し、高級感を演出した。またインテリアでは、ヘッドレストを大型化したほか、一部グレードに白照明のハイコントラストメーターを与え、質感を高めた。

エンジンは、従来の鋳鉄ブロックから一新。プラットフォームを共用する「スマート・フォーフォー」と同じ、独MDC Power社製のオールアルミエンジンに換装された。
従来比で1.3リッターが2psと0.3kgm増しとなる92ps/6000rpmと12.6kgm/4000rpm、1.5リッターは7psと0.9kgmアップとなる、105ps/6000rpmと14.4kgm/4000rpmを発生する。
スポーティな新グレード「ラリーアート」は、従来の1.5リッターユニットにターボチャージャー+インタークーラーを付与したエンジンを搭載。最高出力147ps/6000rpm、最大トルク18.3kgm/2500rpmのアウトプットを誇る。いずれのトランスミッションも、無段変速機CVTが組み合わされる。

価格は、1.3リッターモデルが105.4万円から、1.5リッターは117.4万円から。いずれもFFに加え4WDを設定する。
またターボ版「ラリーアート」はFFのみで、166.0万円となる。
コルトプラスとあわせ、コルトシリーズで月販4000台を目指す。

(webCGオオサワ)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

 
「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良の画像


 
「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良の画像


 
「三菱コルト」、新型エンジンを搭載するなど改良の画像

関連キーワード:
コルト, 三菱, 自動車ニュース

三菱 コルト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • マット・ヒルツ250(MR/5MT)【レビュー】 2019.6.21 試乗記 あなたは英国のカスタムビルダー、マットモーターサイクルズをご存じだろうか? クールかつリーズナブルであることにこだわる彼らの作品の中から、日本の道にも合いそうなスクランブラーの乗り味を報告する。
ホームへ戻る