アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

2004.02.23 自動車ニュース

アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也

アウディジャパンは、ハッチバック「A3」に、1.6リッター直4エンジンを搭載した最廉価モデル「アトラクション」を追加設定、2004年2月20日に発売した。価格は、269.5万円。

日本におけるフォーリングスのエントリーモデル拡販を担う「A3アトラクション」は、装備こそひとつ上の2リッター「2.0 FSI」と同じながら、パワーユニットを1.6リッター直4(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)としてプライスダウンを図ったもの。トランスミッションは6段AT「ティプトロニック」で、前輪駆動となる。

同時に、従来のエントリーグレード、2.0 FSIは、新車登録時から3年間(走行距離5万km以内)無料でメンテナンスサポートが受けられる「フリーウェイプラン」を標準で設定し、5.5万円アップ。アトラクションより35.5万円高い305.0万円となった。

これにより、A3ラインナップは、アトラクション、2.0 FSIとそのスポーティバージョン「2.0 FSI Sport」(330.0万円)、そして3.2リッターV6+6段DSG(ダイレクトシフトギアボックス)のクワトロ(4WD)モデル「3.2 quattro」(437.5万円)の4車種となった。

(webCG 有吉)

アウディジャパン「A3」:
http://www.audi.co.jp/models/a3/

 
アウディ「A3」に1.6リッターの最廉価版、269.5万円也の画像

関連キーワード:
A3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る