ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

2004.02.10 自動車ニュース

ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジ

本田技研工業は、3列7人乗り「モビリオ」の5人乗りバージョン「モビリオ・スパイク」に、大型メッキグリルなどでデザインに味付けし、オプション装備も充実させるなどの一部改良を施し、2004年2月12日に発売する。

大型メッキグリル、リアバンパーガーニッシュを採用し、外観の質感を向上。同時に1.5リッターVTECエンジンはそのままに、全グレード「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」認定を取得した。

オプションとして、上位の「W」「A」グレードに、リアカメラ付き音声認識Honda HDDナビゲーションシステム、イモビライザー、撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮を設定したことも新しい。

このほか「W」「A」グレードの外装色に、新色の「コスミックグレーパール」「エターナルブルーパール」を加えた。

価格はそれぞれ1000円ずつアップ。FF(前輪駆動)、4WDの順に、「W」が150.0万円と168.0万円、「A」は140.0万円と158.0万円、「Y」は135.0万円と153.0万円。

(webCG カワデ)

本田技研工業「モビリオ・スパイク」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mobiliospike/

 
ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジの画像


 
ホンダ「モビリオ・スパイク」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
モビリオスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ モビリオスパイク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・オデッセイ アブソルート EX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.15 試乗記 2013年11月に発売された「ホンダ・オデッセイ」のスポーティーグレード「アブソルート」に試乗。すっかり普通のミニバンらしくなった5代目オデッセイだが、実際に走らせてみると、ライバルにはないとがった個性を持ち合わせていた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
ホームへ戻る