トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

2004.01.08 自動車ニュース

トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売

トヨタ自動車は、3列シートのミニバン「イプサム」に、シート表皮にアルカンターラを採用するなどして質感を高めた特別仕様車「240iアルカンターラバージョン」を設定。これに「G-BOOK」対応ナビゲーションシステムを付与した「240iアルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」とあわせて、2004年1月6日に発売した。

特別仕様車のベースは、7人乗りのベーシックグレード「イプサム240i」。「アルカンターラバージョン」は、シート表皮や車検証入れに、スエード調の人工皮革「アルカンターラ」を、ドアトリムにトリコットニット表皮を採用し、質感を高めた仕様だ。内装ではこのほか、オプティトロンメーターや、プッシュ式ヒーターコントロールパネルなども特別装備した。外装には、16インチアルミホイールとフォグランプを装着する。
価格はベースモデルより10.0万円高で、FFが225.0万円、4WDは249.0万円。

「アルカンターラバージョン・NAVIスペシャル」は、上記の特別装備に加え、トヨタが開発した情報ネットワークサービス「G-BOOK」対応のDVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーションを搭載する。こちらの価格は、ベース車より44.0万円高く、FFが259.0万円、4WDは283.0万円。

(webCG カワデ)

トヨタ自動車「イプサム」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Ipsum/

 
トヨタ「イプサム」特別仕様車が発売の画像

関連キーワード:
イプサム, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ イプサム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る