トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース

トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、小型RV「RAV4」の内外装の変更や、環境・安全性能を向上させるなど、一部改良を施した。同時に、装備品を充実させた特別仕様車を設定し、2003年8月5日から販売を開始した。

マイナーチェンジの眼目は、内外装変更をはじめ、環境性能の向上や安全装備の充実など。5段MTを廃止し、全車4段ATに統一したこともニュースである。

エクステリアは、横バー付きフロントグリルや、押し出しの利いたバンパーを採用。ヘッドランプとリアコンビネーションランプの輝きを強めるなどして、力強さを演出したという。内装は、3眼ホワイトメーター、3本スポークステアリングを装着。インストルメントパネルや、センタークラスターを新デザインとし、スポーティ感と質感の向上を謳う。

環境性能は、全グレードで「超-低排出ガス車」認定を取得。SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを全グレードにオプション設定するなど、安全装備を充実させた。

ボディカラーは、新色4色を含む全8色のラインナップ。価格は従来モデルとほぼ同じ、160.0万円から239.0万円まで。
ちなみに、福祉車両「ウェルキャブ」についても、ベース車同様の変更が行われた。

装備を充実させた特別仕様車「X“リミテッド”」は、ベーシックグレード「X」の5ドアモデルがベース。ディスチャージヘッドランプやフロントフォグランプ、オートエアコンなどを特別装備しながら、ベース車比2.0万円高の176.0万円(FF)と209.0万円(4WD)という、お買い得な価格設定にしたことがジマンだ。

(webCG 本諏訪)

トヨタ「RAV4 L」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4L/
トヨタ「RAV4 J」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4J/

 
トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジの画像

特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
 

	特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
	 

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】 2019.7.29 試乗記 同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
ホームへ戻る