トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

2003.08.11 自動車ニュース

トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、小型RV「RAV4」の内外装の変更や、環境・安全性能を向上させるなど、一部改良を施した。同時に、装備品を充実させた特別仕様車を設定し、2003年8月5日から販売を開始した。

マイナーチェンジの眼目は、内外装変更をはじめ、環境性能の向上や安全装備の充実など。5段MTを廃止し、全車4段ATに統一したこともニュースである。

エクステリアは、横バー付きフロントグリルや、押し出しの利いたバンパーを採用。ヘッドランプとリアコンビネーションランプの輝きを強めるなどして、力強さを演出したという。内装は、3眼ホワイトメーター、3本スポークステアリングを装着。インストルメントパネルや、センタークラスターを新デザインとし、スポーティ感と質感の向上を謳う。

環境性能は、全グレードで「超-低排出ガス車」認定を取得。SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを全グレードにオプション設定するなど、安全装備を充実させた。

ボディカラーは、新色4色を含む全8色のラインナップ。価格は従来モデルとほぼ同じ、160.0万円から239.0万円まで。
ちなみに、福祉車両「ウェルキャブ」についても、ベース車同様の変更が行われた。

装備を充実させた特別仕様車「X“リミテッド”」は、ベーシックグレード「X」の5ドアモデルがベース。ディスチャージヘッドランプやフロントフォグランプ、オートエアコンなどを特別装備しながら、ベース車比2.0万円高の176.0万円(FF)と209.0万円(4WD)という、お買い得な価格設定にしたことがジマンだ。

(webCG 本諏訪)

トヨタ「RAV4 L」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4L/
トヨタ「RAV4 J」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/RAV4J/

 
トヨタ「RAV4」をマイナーチェンジの画像

特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
 

	特別仕様車 「RAV4 X Limited」(4WD)
	 

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
ホームへ戻る