【Movie】オペル「スピードスター」がもてぎを走る

2002.11.20 自動車ニュース

【Movie】オペル「スピードスター」がもてぎを走る

オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。2003年1月11日からのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!

英国ロータスエンジニアリング社とともに開発された、オペル「スピードスター」。ロータス「エリーゼ」のプラットフォームに、オペル「アストラクーペ」や「ベクトラ」に積まれる、2.2リッター直4DOHC16バルブ“エコテック”ユニットを搭載。FRPボディを被せて870kgの車重を実現した、本格的なライトウェイトスポーツである。
日本に導入されるのは、「右ハンドル」「5速MT」仕様車のみ。内外装の組み合わせにより、82通りから選択できる受注生産方式を採用した。100台限定で、価格は449.0万円。

【webCG記者、スピードスターを駆る!】

(撮影=難波ケンジ/編集=webCGアオキ)

ニュースとインプレッションはこちら

オペル「スピードスター」100台限定!【News】:http://www.webcg.net/WEBCG/news/000012175.html
オペル・スピードスター(5MT)【短評】(2002/11/09):http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012286.html
オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】(2001/03/30):http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/184.html
オペル・スピードスター(5MT)【海外試乗記】(2000/08/30):http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/020.html


【Movie】オペル「スピードスター」がもてぎを走るの画像

関連キーワード:
スピードスター, オペル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・スピードスター(5MT)【試乗記】 2002.11.9 試乗記 オペル・スピードスター(5MT)
    ……449.0万円

    オペルの2シーターオープン「スピードスター」の日本正式導入が、2002年10月15日に発表された。発売は2003年1月11日から。国内でのデリバリーに先立ち、ブリッツマーク随一のスポーツモデルを、webCG記者が「ツインリンクもてぎ」でテストした!


  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.2.27 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    2002年2月25日、千葉県は木更津にてオペルの4シーターオープン「アストラ カブリオ」の試乗会が開かれた。今回はいつもの短評とはちょっと毛色を変えて、頼りになる姉さん、自動車雑誌『NAVI』の竹井あきら編集部員と、webCG大澤俊博の対談形式でオペルのニューモデルをチェックします。


  • オペル・アストラカブリオ(4AT)【試乗記】 2002.4.4 試乗記 オペル・アストラカブリオ(4AT)
    ……339.0万円

    オペルとベルトーネの独伊合作オープン「アストラカブリオ」。電動ホロを備えた4座モデルに、webCGエグゼクティブディレクター大川悠が乗った。


  • 日本GM、「オペル・アストラ」の2ドアクーペを発売 2001.6.6 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」に、5人乗りの2ドアモデル「クーペ」をラインナップに加え、2001年7月7日から販売を開始すると発表した。「アストラクーペ」は、既にランナップされる4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴンに次ぐモデル。独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が、「Beautiful and Powerful」を基本コンセプトに共同開発したもの。「イタリアのラテン的な美とドイツの技術力の両立」が謳われる。全高をベース車から30mm下げたボディにより、「クーペではトップレベル」(プレスリリース)のCD値(空気抵抗係数)0.28を実現。さらに、車両の重心点を20mm低く設定し、クーペ専用のスポーツチューニングを施したサスペンションを装着。スポーティなハンドリングの実現を目指した。ボディの約70%に高張力鋼板を用い、ねじれ剛性はセダン比約50%も向上したという。パワーユニットは、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、オールアルミ製の2.2リッター直4DOHC16バルブ「ECOTEC」エンジン。最高出力147ps、最大トルク20.7kgmを発生する同ユニットは、2005年から施行予定のヨーロッパ排出ガス規制「EURO−4 」に対応する。トランスミッションは4ATだ。装備面では、ディンプル加工された革巻きステアリングホイールを採用し、「室内に乗り込む瞬間からスポーティなドライビングを予感させる雰囲気」(リリース)を演出した。さらに、高級オーディオメーカー、ナカミチのMD/CDプレーヤーと6スピーカーを装着。安全装備として、前席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS、トラクションコントロールなどが備わる。右ハンドル仕様のみで、価格は、アストラシリーズトップの293.0万円。(webCG 有吉)
  • BMWが「6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表 2020.5.29 自動車ニュース 独BMWは2020年5月27日(現地時間)、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。フロントグリルを大型化し細目のヘッドランプを採用するなど、最新のBMW車に共通するデザインコンセプトを用いている。
ホームへ戻る