「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

2012.09.20 自動車ニュース

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

独ポルシェは2012年9月20日、開発中の「918スパイダー」がニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)で7分14秒のラップタイプを記録したことをフェイスブックで明らかにした。

ポルシェによれば、「918スパイダー」がノルドシュライフェで7分14秒を記録したときに装着していたタイヤは「公道走行可能なもの」だったという。以前は、7分22秒を切ることが目標とされていた。

ちなみに、同コース最速のラップタイムはイギリスのスポーツカー「ラディカルSR8 LM」が記録した6分48秒。7分14秒というと「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」(7分14秒64)、「ドンカーブートD8 RS」(7分14秒89)、「ポルシェ911GT2 RS」(7分18秒)などに近く、量産車としてはかなり速い部類に入る。

918スパイダーは、4.6リッターV8エンジンとモーターを組み合わせたパラレル方式のフルハイブリッドシステムを搭載する4WDのスポーツカー。システムの総出力は770ps以上に達し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速は325km/hを超すとうたわれる。

(webCG 竹下)

ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。
ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。 拡大

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像 拡大

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像 拡大

関連キーワード:
918スパイダー, ポルシェ, モータースポーツ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る