日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

2013.01.15 自動車ニュース

【デトロイトショー2013】日産が“新型スカイライン”を発表

日産自動車は2013年1月14日、デトロイトショーで海外市場向け高級ブランド・インフィニティの新型セダン「Q50」を発表した。

「インフィニティQ50」は現行「G37セダン」(日本名:スカイライン)の後継車。今後のインフィニティ車は新ネーミング戦略にのっとり、セダンとコンバーチブルが「Q」、クロスオーバーとSUVが「QX」を名乗る。今回のQ50はその最初のモデルとなる。

328psを発生する3.7リッターV6エンジンのほか、2つのクラッチを持つハイブリッドシステム「ダイレクトレスポンス・ハイブリッドシステム」を搭載する。駆動方式はFRと4WDが設定される。

また、「インフィニティ・ダイレクトアダプティブステアリング」と呼ばれる“ステアバイワイヤ”システムが用意される。これはステアリング操作を電気信号に置き換えて、アクチュエーター(モーター)で前輪を動かすもの。量産車としては世界初の試みとなる。

Q50は、北米市場では2013年の夏に発売される予定。

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る