MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸

2012.12.18 自動車ニュース

BMW、「MINIジョンクーパーワークスGP」を200台限定で発売

BMWジャパンは2012年12月18日、「MINIジョンクーパーワークスGP」を200台限定で発売した。

「MINIジョンクーパーワークスGP」は、MINIハッチバックの高性能モデルである「MINIジョンクーパーワークス」をベースに、さらなるチューニングを施したモデル。BMWは「MINI史上最速」「究極の走りを極め、MINIで最もエキサイトメントなモデル」とうたっている。

パワートレインはベース車と同じ1.6リッター直4ターボだが、最高出力は7ps上乗せされた218psを発生。トランスミッションには6MTのみが組み合わされる。車内空間は軽量化のために後席が撤去された2人乗りで、インナーバーを装備することでボディー剛性を強化している。

また外装では、大型のカーボン製リアウイングやリアディフューザーにより、高速走行時にダウンフォースを発生させることで車両の挙動を安定化。専用サスペンションで強化された足まわりには、GP専用の17インチホイールとスポーツタイヤが標準装備される。

こうした改良により、「MINIジョンクーパーワークスGP」は0-100km/h加速6.3秒、最高速度240km/hという動力性能を実現している。

具体的な装備内容は以下の通り。
・ボディーカラー: サンダーグレー・メタリック
・3スポーク・スポーツレザーステアリングホイール
 (レッドステッチ入り)
・ブラック・リフレクター
・バイキセノンヘッドライト
・ホワイトターンシグナルライト
・プライバシーガラス
・フロアマット
・オンボードコンピューター
・ライトパッケージ
・オートマチックエアコンディショナー
・フォグライト
・スポーツボタン
・MINIブーストラジオCD
・専用RECAROシート
 (レッドステッチ入り、シートヒーター、シート高さ調整付き)
・17インチGP専用ホイール(7.5Jx17)+スポーツタイヤ(215/40R17)
・専用サスペンション
・ストラットブレース
・スポーツブレーキシステム
・エアロダイナミック・パッケージ
 (フロントエプロン、リアエプロン、サイドスカート)
・リアディフューザー
・カーボン製ウイング付きリアスポイラー
・DTC(GPモードを含む)

価格はベース車より70万円高の460万円。販売台数は全世界2000台の限定で、この内の1割にあたる200台が日本に割り当てられる。

(webCG)

「MINIジョンクーパーワークスGP」のより詳細な写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークスGP」
「MINIジョンクーパーワークスGP」 拡大

MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸の画像 拡大

MINI史上最速モデルが200台限定で日本上陸の画像 拡大
1.6リッター直4ターボは、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-5750rpm(オーバーブースト時は28.6kgm)を発生する。
1.6リッター直4ターボは、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-5750rpm(オーバーブースト時は28.6kgm)を発生する。 拡大

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る