「ダイハツ・アルティス」仕様変更 より快適に

2012.09.04 自動車ニュース

「ダイハツ・アルティス」仕様変更 より快適に

ダイハツ工業は、ハイブリッドカー「ダイハツ・アルティス」の仕様を一部変更し、2012年9月4日に発売した。

今回の仕様変更は、「ダイハツ・アルティス」のOEM供給元となるセダン「トヨタ・カムリ」の一部改良を受けてのもの

「カムリ」と同様に、クルーズコントロールやリアのプライバシーガラスが追加され、車線変更時の安全をサポートする「ブラインドスポットモニター」がオプション設定された。

ボディーカラーに「レッドマイカメタリック」が追加されたのも新しい。
価格は322万円。これまでより5万円アップした。

(webCG)

「ダイハツ・アルティス」
「ダイハツ・アルティス」 拡大

関連キーワード:
アルティス, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツが4ドアセダン「アルティス」を一部改良 デザインを変更し安全装備を強化 2021.2.2 自動車ニュース ダイハツが4ドアセダン「アルティス」を一部改良。フロントマスクを変更したほか、運転支援システムに交差点の右左折時の対歩行者検知機能やドライバー異常時対応機能を追加した。ラインナップでは従来のFF車に加え、4WD車を設定している。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
  • ダイハツが「アルティス」の予防安全装備を強化 2020.8.5 自動車ニュース ダイハツ工業は2020年8月5日、「アルティス」を一部改良し、販売を開始した。今回は隣接車線の死角領域にいる車両を検知してドアミラーのLEDインジケーターでドライバーに警告する安全機能のブラインドスポットモニターを標準装備とした。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る