スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売

2001.01.24 自動車ニュース

スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売(1/24)

スズキ株式会社は、1月23日、1.5リッターの新型乗用車を「エリオ」の名で発表、1月29日より発売する。

エリオは、カルタス(旧クレセント)ハッチの事実上の後継モデル。5ドアセダンとはいいながらゆったりした奥行きの荷室を持つため、外観としてはワゴン的なシルエットが特徴である。

広くブラックのガーニッシュを使ったリアビューはことに個性的で、エリオのスタイルはリアデザインから始まったという。外観では空力的なフォルムと三角形をモチーフにしたディテールデザインに始まり、インテリアでもバイザー(ひさし)のないメーターパネル、センター部分に操作系を集中した左右対称のダッシュボードなど、これまでにない新しいスズキの姿があちこちに見えるデザインである。

使われる素材なども吟味されており、「先進性とともに上質感を前面に押し出したセダン」というのが基本コンセプトといえる。どちらかといえば保守的なカルタスとの位置づけの違いだ。
カルタスといえばサイズ、ボディ形式など、多くの点でオーバーラップするが、当面エリオは5ドアだけということから、3ボックス、ワゴンはカルタスの「専売特許」として棲み分けていくようだ。

エンジンは直列4気筒DOHC1.5リッターのM15A型。1490ccから110ps(81kW)/6000rpm、14.6kgm(143Nm)/4000rpmを発する。環境対策では平成12年排出ガス規制値よりHC、NOxともに50%低減した「優-低排出ガス」に認定されている。

バリエーションと価格は以下のとおり
 G……125.0万円(5MT)/134.8万円(4AT)
 X……139.8万円(5MT)/149.6万円(4AT)
 X 4WD……157.8万円(5MT)/167.6万円(4AT)

(webCG オザワ)

 
スズキ、1.5リッター乗用車「エリオ」を発売の画像

関連キーワード:
エリオ, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(後編) 2018.7.5 谷口信輝の新車試乗 最新型「スズキ・スイフトスポーツ」の走りを、レーシングドライバーの谷口信輝は大絶賛。では、ドライビングポジションやデザインについてはどんな印象を抱いたのか? 率直な感想を聞いてみた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(前編) 2018.6.28 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、日本を代表する“ボーイズレーサー”「スズキ・スイフトスポーツ」にワインディングロードで試乗。第一線で活躍するプロフェッショナルは、その走りをどう評価する?
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
ホームへ戻る