630psのサーキット用マクラーレンがお目見え

2012.08.16 自動車ニュース

630psのサーキット用マクラーレン「12C Can-Am Edition」登場

英マクラーレン・オートモーティブは2012年8月15日、米カリフォルニア州で開催される自動車イベント「コンクール・デレガンス」に、コンセプトモデル「マクラーレン12C Can-Am Edition(カンナム エディション)」を出展すると発表した。

「マクラーレン12C Can-Am Edition(カンナム エディション)」は、サーキットでの使用を前提としたコンセプトモデル。
実際にレースを戦う「12C GT3」をベースとするものの、「12C Can-Am Edition」自体はワンオフのデザインスタディーであり、構造上、FIAのレギュレーション等には適合していない。

外観で目を引くのは、限界までローダウンされた車体に装着された、ド派手なチンスポイラーやリアウイング、リアディフューザーなど。これら空力性能の追求により、走行中に得られるダウンフォースは30%もアップしたという。
エンジンカバーやサイドミラー、リアウイングなどにはカーボン材を採用(リアウイングのステーはアルミ製)。車重は、ノーマルの「マクラーレンMP4-12C」よりも100kg以上軽い1200kgにおさまっている。

ミドに搭載されるエンジンは、市販車に用いられる3.8リッターV8ツインターボがベース。ただし、エンジン本体および冷却システムには“さらなる最適化”が施され、シリーズ最強となる630psを発生する。
増大したパワーを受け止めるブレーキシステムは、日本の曙ブレーキ製。鍛造の軽量アロイホイールには、ピレリのスリックタイヤが組み合わされる。

ロールケージが張り巡らされるインテリアもまた、レーシング仕様そのものだ。ダッシュボードやサイドシルは、お約束のカーボン製。フルバケットシートや6点式シートベルトに加えて、ルイス・ハミルトンが駆るF1マシンをヒントに開発したという、「12C GT3」と同じ非円形のステアリングホイールがドライバーを迎える。いまやレースで必須のアイテムとなりつつある空調設備も備わる。

「12C Can-Am Edition」の実車は、2012年8月19日に米カリフォルニア州ペブルビーチで開催される自動車イベント「コンクール・デレガンス」において公開される。

(webCG 関)


→「マクラーレン12C Can-Am Edition」のその他写真はこちら

関連キーワード:
MP4-12C, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン MP4-12C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
ホームへ戻る