第5回:見て、乗って、思わずため息
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~

2014.03.13 JAIA輸入車試乗会2014

インポートカーのなかでも、文字通りに“ケタ違い”の存在であるお値段4ケタ万円の高級車たち。思わず嘆息してしまうようなその魅力を、ドイツ、イギリス、イタリアの計4台のプレミアムカーを通して紹介しよう。

スーパーなスーパーカー
アウディRS 6アバント……1520万円

世にいうスーパーカーは、スーパーなところが限られている。「目をむくような加速」や「異次元のコーナリング」を味わわせてくれる反面、2人しか乗れなかったり、荷物が積めなかったり、車高が低すぎて街中で気を使ったり。
悲しいかな、「あこがれのあの人は、いっしょにいるとストレスばかり……」なんてことになりかねない。

そんなネガを拭い去る“真のスーパーカー”こそ、「RS 6アバント」だ。なにせ、5人乗りである。しかもワゴンなのである。
たっぷり積めて、当たり前。後席だって、ひざの前にはこぶしが3個。「アウディドライブセレクト」で“ダイナミック”(一番ハードな走行モード)を選んでも、掛け心地は快適そのもの。これなら、安心してみんなをエスコートできる……0-100km/h=3.9秒の走りで!

それがどれほどのものかって? 同じ四駆で比べるなら、ポルシェの「911カレラ4」(4.5秒)はブッチぎり。「フェラーリ・フォー」(3.7秒)も、うかうかしてはいられない。なにも飛ばさなくてもいい。560psのワゴンというだけで、痛快なことこのうえない。
「日常でもフルに役立つ、スーパーなスーパーカー」。1500万円はお値打ちと思いますが、いかがでしょう? 

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

アウディRS 6アバント
アウディRS 6アバント 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • トヨタC-HR“GRスポーツ”【試乗記】 2019.12.2 試乗記 トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」に、スポーツコンバージョンモデル“GRスポーツ”が追加された。パワートレインには手をつけないライトなチューニングが特徴のGRスポーツだが、コースと時間がかぎられた試乗でも、標準車とのちがいがはっきりくっきりと感じ取れたのだった。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
ホームへ戻る