第5回:見て、乗って、思わずため息
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~

2014.03.13 JAIA輸入車試乗会2014

インポートカーのなかでも、文字通りに“ケタ違い”の存在であるお値段4ケタ万円の高級車たち。思わず嘆息してしまうようなその魅力を、ドイツ、イギリス、イタリアの計4台のプレミアムカーを通して紹介しよう。

スーパーなスーパーカー
アウディRS 6アバント……1520万円

世にいうスーパーカーは、スーパーなところが限られている。「目をむくような加速」や「異次元のコーナリング」を味わわせてくれる反面、2人しか乗れなかったり、荷物が積めなかったり、車高が低すぎて街中で気を使ったり。
悲しいかな、「あこがれのあの人は、いっしょにいるとストレスばかり……」なんてことになりかねない。

そんなネガを拭い去る“真のスーパーカー”こそ、「RS 6アバント」だ。なにせ、5人乗りである。しかもワゴンなのである。
たっぷり積めて、当たり前。後席だって、ひざの前にはこぶしが3個。「アウディドライブセレクト」で“ダイナミック”(一番ハードな走行モード)を選んでも、掛け心地は快適そのもの。これなら、安心してみんなをエスコートできる……0-100km/h=3.9秒の走りで!

それがどれほどのものかって? 同じ四駆で比べるなら、ポルシェの「911カレラ4」(4.5秒)はブッチぎり。「フェラーリ・フォー」(3.7秒)も、うかうかしてはいられない。なにも飛ばさなくてもいい。560psのワゴンというだけで、痛快なことこのうえない。
「日常でもフルに役立つ、スーパーなスーパーカー」。1500万円はお値打ちと思いますが、いかがでしょう? 

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

アウディRS 6アバント
アウディRS 6アバント 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大
ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.10.22 試乗記 5代目「メルセデス・ベンツCクラス」がいよいよ日本の道を走り始めた。強力な電動パワートレインや先進のインフォテインメントシステムを採用した新型は、“C”の枠を大きく飛び越えるほどの進化を果たしている。1.5リッターマイルドハイブリッドモデルに試乗した。
  • レクサスLX 2021.10.14 画像・写真 レクサスのフラッグシップSUVである「LX」の新型が、中東のサウジアラビア王国とアラブ首長国連邦で世界初公開された。「優雅な移動体験を提供しライフシーンを広げる」とうたわれる4代目のディテールを、写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】 2021.10.15 試乗記 超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る