第5回:見て、乗って、思わずため息
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~

2014.03.13 JAIA輸入車試乗会2014

インポートカーのなかでも、文字通りに“ケタ違い”の存在であるお値段4ケタ万円の高級車たち。思わず嘆息してしまうようなその魅力を、ドイツ、イギリス、イタリアの計4台のプレミアムカーを通して紹介しよう。

スーパーなスーパーカー
アウディRS 6アバント……1520万円

世にいうスーパーカーは、スーパーなところが限られている。「目をむくような加速」や「異次元のコーナリング」を味わわせてくれる反面、2人しか乗れなかったり、荷物が積めなかったり、車高が低すぎて街中で気を使ったり。
悲しいかな、「あこがれのあの人は、いっしょにいるとストレスばかり……」なんてことになりかねない。

そんなネガを拭い去る“真のスーパーカー”こそ、「RS 6アバント」だ。なにせ、5人乗りである。しかもワゴンなのである。
たっぷり積めて、当たり前。後席だって、ひざの前にはこぶしが3個。「アウディドライブセレクト」で“ダイナミック”(一番ハードな走行モード)を選んでも、掛け心地は快適そのもの。これなら、安心してみんなをエスコートできる……0-100km/h=3.9秒の走りで!

それがどれほどのものかって? 同じ四駆で比べるなら、ポルシェの「911カレラ4」(4.5秒)はブッチぎり。「フェラーリ・フォー」(3.7秒)も、うかうかしてはいられない。なにも飛ばさなくてもいい。560psのワゴンというだけで、痛快なことこのうえない。
「日常でもフルに役立つ、スーパーなスーパーカー」。1500万円はお値打ちと思いますが、いかがでしょう? 

(文=webCG 関/写真=峰 昌宏)

アウディRS 6アバント
アウディRS 6アバント 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大

第5回:見て、乗って、思わずため息輸入車チョイ乗りリポート~1000万円オーバー編~の画像 拡大
ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • モータースポーツ部門直系の「ランボルギーニ・ウラカンSTO」東京で世界初披露 2020.11.20 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のランボルギーニブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を初公開した。同モデルの実車披露は、今回が世界初となる。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
ホームへ戻る