「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジ

2001.09.05 自動車ニュース

「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」「バサラ」にマイナーチェンジを施し、2001年8月29日に発売した。マイナーチェンジの眼目は、ズバリ環境対策。2.4リッター「KA24DE」ユニットに替え、新型2.5リッター「QR25DE」ユニットを採用、あわせて2.5リッター「YD25DDTi」ディーゼルユニットが廃止された。これにより、「プレサージュ」「バサラ」のエンジンラインナップは、3リッター「VQ30DE」と2.5リッターの2種類となる。なお、NEO QR25DEエンジン車は国土交通省から「良-低排出ガス車(G-LEV)」に認定されている。

「プレサージュ」は、ヘッドランプ、フロントグリル、バンパーなどのデザインが変更され、リアコンビランプがクリアタイプになった。インテリアに関しては、「プレサージュ」の内装色を「カフェラテ」、「バサラ」の内装色を「ウォームグレー」に変更し、ヘッドレストを小型化することによって、より広く感じられる室内空間の実現を図った。

DVD方式のナビゲーションシステムが「CIII」「CII」グレード(プレサージュ)と「V」「X」グレード(バサラ)に標準装備された。このシステムは充実したデータ量、検索時間の短縮、簡単な操作が特徴だという。

「プレサージュ」、「バサラ」両車のグレード体系に「ハイウェイスター」が新たに設定された。これは、本革巻ステアリング、メタリック調パネルなどに加えてエアロパーツを装着した、スポーツ色の強いモデルだ。

価格は、プレサージュ3.0リッターは269.6万円から295.8万円(2WD)、2.5リッターは205.8万円から294.8万円(2WD.4WD)。バサラ3.0リッターは271.6万円から297.8万円(2WD)、2.5リッターは207.8万円から296.8万円(2WD.4WD)となる。

(webCGくらた)

プレサージュ: http://www.nissan.co.jp/PRESAGE/U30/0108/
バサラ:
http://www.nissan.co.jp/BASSARA/U30/0108/

 
「プレサージュ」「バサラ」をマイナーチェンジの画像
上:ブレサージュCII(2WD)特別塗装色/オプション装着車
下:バサラ V(2WD)特別塗装色/オプション装着車

 
上:ブレサージュCII(2WD)特別塗装色/オプション装着車
	下:バサラ V(2WD)特別塗装色/オプション装着車
	
	 

関連キーワード:
プレサージュ, 日産, 自動車ニュース

日産 プレサージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
ホームへ戻る