40台限定の特別な「ディスカバリー4」発売

2012.07.27 自動車ニュース

40台限定の特別な「ランドローバー・ディスカバリー4」発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「ランドローバー・ディスカバリー4」の特別仕様車「SE Premium Edition(SEプレミアムエディション)」を2012年9月1日に40台限定で発売する。

今回の特別仕様車は、「ディスカバリー4」のエントリーグレード「SE」がベース。
エクステリアは、「エクステンテドルーフレール」や20インチの「5スポーク・ダイヤモンド・ターンド・アロイホイール」などでドレスアップされ、コーナリング中にヘッドランプの照射範囲を自動調整する「AFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)」やステアリングホイールヒーターなど、機能装備の充実も図られている。

特別装備の内訳は、以下のとおり。

・20インチ5スポーク・ダイヤモンド・ターンド・アロイホイール
・エクステンテドルーフレール
・インテリアトリム・フィニッシャー
・ステアリングホイールヒーター
・フロント・パークディスタンス・コントロール
・AFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)

ボディーカラーは「サントリーニブラック」「フジホワイト」「ボーンヴィル」がラインナップ。インテリアは「エボニー」と「アーモンド/ナツメグ」、ウッドフィニッシャーは「グランドブラック」「ストレート・グレイン・ウォールナット」から選べる。

価格はベースモデルより46万5000円高の722万5000円。40台限定での販売となる。

(webCG 関)

「ランドローバー・ディスカバリー4 SE Premium Edition」
「ランドローバー・ディスカバリー4 SE Premium Edition」 拡大

関連キーワード:
ディスカバリー4, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る