ホンダ、上級ワゴン「アヴァンシア」を新発売

1999.09.14 自動車ニュース

ホンダ、上級ワゴン「アヴァンシア」を新発売(9/14)

本田技研工業は、新型車「アヴァンシア」を9月15日より発売する。米国生産のアコードとプラットフォームを共有する、上級車ワゴンだ。

「ホンダ アヴァンシア」は、高級感と広い室内空間を開発コンセプトとした、4ドア+テールゲートのワゴンだ。特徴は、快適装備がそろうインテリア、新意匠の外観、滑らかで安定した走りと乗り心地、にあるという。

外寸は全長×全幅×全高=4700(4795)×1790(1810)×1500(1545)mm、ホイールベースは2765mmとなる(カッコ内は4WD車)。外観は曲線を基調とした「アーチキャビンフォルム」と呼ばれるデザインとなっている。

内装におけるコンセプトは「リムジンインテリア」。長さ×幅×高さ=2055×1480×1215mmの客室内には、後席のスライド&リクライニング機構、独立したエアコンアウトレット、専用の「プレミアムサウンドシステム」などが備わる。ウォークスルー機構により前後席間の移動も可能だ。

パワープラントは2種類。2253ccの直4エンジンは最高出力150ps/5800rpm、最大トルク21.0kgm/4800rpmを発生する。2997ccのV6エンジンは米国製アコードに搭載されるものと同型。最高出力が215ps/5800rpm、最大トルクは27.7kgm/5000rpmだ。両エンジンともにSOHCのVTEC仕様で、平成12年排出ガス規制値を50パーセント以上下回るという。

トランスミッションは電子制御4段ATに加えて、新開発の電子制御5段ATが採用された。ホンダ初となる5段オートマチックは「オデッセイプレステージ」の4段ATをベースとして作られたもので、シフトショックを小さく抑えた設計であることが特徴とされる。シフトレバーはセンターパーネルに設置されている。

安全性能においては、ホンダの衝突安全技術「Gコントロール」採用のほか、前席SRSエアバッグ、前席サイドエアバッグ(オプション)などが装備されている。また高速走行時における車速/車間を制御するシステム「IHCC」もオプション設定(Vタイプのみ)されている。

グレードは、直4エンジン搭載車「L」(東京223.5万円)、同四輪駆動車「L-4」(同249.5万円)、V6エンジン車「V」(同269.5万円)となる。

アヴァンシアは、RVと上級セダンを足して2で割るとこうなる、というクルマです。シートの座り心地もよく、室内は広いが車高は低い。200万円前半からという手ごろな価格設定もマル(顔がもう少し良ければ...と個人的には思いますが)。冷え込んでいる国内市場に旋風を巻き起こすか、見守りたいです。(ちなみに写真中の人物はホンダの吉野浩行社長です)。(Web CG 有吉)

 
ホンダ、上級ワゴン「アヴァンシア」を新発売の画像

関連キーワード:
アヴァンシア, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.12.24 試乗記 ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)
    ……411万5000円/362万7750円

    1976年の初代誕生から30余年。ホンダの世界戦略車「アコード」は、8代目となってどう変わったか?
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る