特急インプレッション「ローバー75」

1999.10.07 自動車ニュース

特急インプレッション「ローバー75」(10/7)

ローバージャパンでは10月9日より、ニューモデル「ローバー75」を発売する。BMWと共同開発した2.5リッター搭載の4ドアサルーンだ。

「ローバー75」はヨーロッパで今年初頭発表されたニューモデルで、その名は1940年代の「ローバー75」に由来している。エンジンはKV6とよばれるローバー製2.5リッターV6で、最高出力は177馬力となる。日本に輸入されるのは2タイプ、「2.5クラブ」(425.0万円)と「2.5コニサー」(469.0万円)だ。後者には、前席パワーシート、シートポジションメモリー機構、助手席ランバーサポート、フロントフォグランプ、電動グラスサンルーフ、クルーズコントロール、6連奏CDチェンジャー+ハーマンカードンスピーカーシステムが備わる。


僕はイギリスでこの「75」を数百キロ乗ったことがあるんです。そのときは、いいクルマだなあと思いました。ゆったりしていて、雰囲気があって、なかなか他では得難い存在だなあと。

たしかに内外装の雰囲気はきわだったもので、輸入車の中心勢力であるドイツ車でも見られない「いいもの感」がありますね。

日本で乗って見ると、シフトショックは少ないし、ハンドリングもスポーティなかんじがありますね。

タイヤが細めの乗り心地重視というグッドイヤーを履いていたわりには、ハンドリングがきびきびしていますね。フロントサスペンションは接地性もよくて、これがスポーティな性格をかもしだしていますね。ところが「Zアクスル」とよばれるBMWオリジンのリアサスペンションはいまひとつなんです。

ふたり乗車のときはリアがやや落ち着きなく感じますね。

エンジンのまわりかたはスムーズで、トルクもそれなりに太いのですが、トランスミッションのシフトアップタイミングが性急で、エンジントルクを十分に伝えきれていないんですね。JATCO製の5段ATじたいは変速ショックが少なくシフトダウンもスムーズでいいものなんですが、エンジンとの統合制御のやりかたがいまひとつよくないんでしょう。

ドイツ車に較べるとハードウェアの面では欠点も目立ちますが、ウッドとクロームと革をうまく使った室内など、「75」でなければ手にはいらないものも多いのは事実です。

所有する喜びはかなりありますね。

松本英雄

小川フミオ(NAVI編集部)

 
特急インプレッション「ローバー75」の画像

関連キーワード:
ローバー75サルーン, ローバー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ローバー75サルーン(5AT)【試乗記】 2003.11.22 試乗記 ローバー75サルーン(5AT)
    ……398.0万円

    ラインナップを増やして、日本への再上陸を果たしたローバー&MG。『Car Graphic』誌の長期リポート車として、2年をともにした『webCG』エグゼクティブディレクター大川 悠が、久々にステアリングホイールを握って……。


  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開 2020.1.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内での販売を予定している「アコード」の概要を発表した。10代目となる新型は、4ドアクーペを思わせるスタイリングが特徴。新プラットフォームの採用によりユーティリティー性も向上している。
  • 「ルノー・カングー」に特別仕様車「クルール」登場 グリーンのボディーが目を引く200台の限定モデル 2020.1.23 自動車ニュース 「ルノー・カングー」に200台限定の特別仕様車「クルール」登場。クルールは特別なボディーカラーを特徴とするカングーおなじみの特別仕様車で、今回のモデルには明るいグリーンの「ヴェール シャンペトル」が用いられている。
ホームへ戻る