スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

スズキは2012年7月11日、SUV「エスクード」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、新デザインのフロントバンパーやアルミホイールの採用に加え、フロントグリルの意匠を変更。また、バックドアのスペアタイヤを廃止し、代わりにリアビューのアクセントとなるリアライセンスメッキガーニッシュを装着した。インテリアには、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用した。

車両価格は、「XG」5MT車が208万9500円、同4AT車が219万4500円。

<仕様・装備の主な変更点>

■エクステリア
・新デザインのフロントバンパーを採用
・2本のフィン形状をデザインした、新しいフロントグリルを採用
・フロントグリルとのつながりをもたせるため、黒の加飾を施したヘッドランプを採用
・新デザインの17インチアルミホイールを採用
・バックドアのスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用
・新開発の樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(SSPP)」を採用したスキッドプレートを装備

■インテリア
・斜めと縦のストライプをあしらったシート表皮と無地のドアトリムクロスを採用した、黒基調の内装に変更

(webCG)

「スズキ・エスクード」
「スズキ・エスクード」 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
ホームへ戻る