スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

2012.07.11 自動車ニュース

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更

スズキは2012年7月11日、SUV「エスクード」の仕様・装備を一部変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、新デザインのフロントバンパーやアルミホイールの採用に加え、フロントグリルの意匠を変更。また、バックドアのスペアタイヤを廃止し、代わりにリアビューのアクセントとなるリアライセンスメッキガーニッシュを装着した。インテリアには、黒基調のシート表皮とドアトリムクロスを採用した。

車両価格は、「XG」5MT車が208万9500円、同4AT車が219万4500円。

<仕様・装備の主な変更点>

■エクステリア
・新デザインのフロントバンパーを採用
・2本のフィン形状をデザインした、新しいフロントグリルを採用
・フロントグリルとのつながりをもたせるため、黒の加飾を施したヘッドランプを採用
・新デザインの17インチアルミホイールを採用
・バックドアのスペアタイヤを廃止し、リアライセンスメッキガーニッシュを採用
・新開発の樹脂材料「スズキ スーパー ポリプロピレン(SSPP)」を採用したスキッドプレートを装備

■インテリア
・斜めと縦のストライプをあしらったシート表皮と無地のドアトリムクロスを採用した、黒基調の内装に変更

(webCG)

「スズキ・エスクード」
「スズキ・エスクード」 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

スズキ、「エスクード」の仕様・装備を一部変更の画像 拡大

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • 第181回:マリオインプは三度死ぬ 2020.6.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第181回は「マリオインプは三度死ぬ」。初代「インプレッサWRX」に魅せられた、あるスバリストの半生をたどる。走行距離20万8000km! 不動状態から幾度も復活させつつ、26年もの間、愛車を手放さずにいるワケとは?
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
ホームへ戻る