スズキ「MRワゴン」に「ミキハウスバージョン」ほか

2002.06.13 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」に「ミキハウスバージョン」ほか

スズキは、軽乗用車「MRワゴン」に、アパレルブランド「ミキハウス」とタイアップした「ミキハウスバージョン」を含む新グレード3車種を追加設定、2002年6月11日に発売した。

●「ミキハウスバージョン」(写真)
「miki HOUSE」ロゴやクマのマスコット、チェッカーフラッグのデカールなどで飾ったエクステリアが特徴。さらにルーフエンドスポイラーを採用し、「“可愛くてスポーティー”な外観」(プレスリリース)とした。
車内は、赤いシートとシートベルト、青いドアトリムでコーディネート。本革巻きステアリングホイールにも「miki HOUSE」ロゴを付けた。
価格は、2WDが110.8万円、4WDは122.0万円。ブレーキアシスト付き四輪ABSは、2.5万円のオプション。

●「N-1エアロ」
最廉価グレード「N-1」に、前後サイドのアンダースポイラー、13インチアルミホイールを与え、スポーティにしたモデル。オーディオは、1DINサイズのAM/FMラジオ付きMD/CDステレオとなる。
2WDが114.8万円、4WDは126.0万円。ブレーキアシスト付き四輪ABSは、2.5万円のオプション。

●「スポーツ」
その名の通り、スポーティを謳うターボモデル。大型エアダクトを設けた専用フロントバンパー、専用リアバンパー、サイドアンダースポイラー、14インチアルミホイールなどでお化粧。低扁平率タイヤを履き、専用ローダウンサスペンションを装着する。
2WDが134.0万円、4WDは145.2万円。ブレーキアシスト付き四輪ABSは、標準装備。

(webCG 有吉)

 
スズキ「MRワゴン」に「ミキハウスバージョン」ほかの画像

関連キーワード:
MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ MRワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る