「スズキMRワゴン」に専用内外装の特別仕様車

2012.11.07 自動車ニュース

「スズキMRワゴン」に専用内外装の特別仕様車

スズキは、軽乗用車の「MRワゴン」に専用の内外装が特徴の特別仕様車「MRワゴン ECO-Xセレクション」「MRワゴン Xセレクション」を設定。2012年11月7日に発売した。

今回の特別仕様車は、ブラックメッキのフロントグリルや14インチアルミホイールなどで外観をドレスアップ。外装色はグレースブルーパールメタリック、ルナグレーパールメタリック、ミステリアスバイオレットパールなどの特別設定色を含めた7色が用意されるほか、ボディーをアーバンブラウンパールメタリック、ルーフをシルバーで塗り分けた2トーンルーフモデルもラインナップする。

一方インテリアでは、細いしま模様をあしらった黒色の専用シート表皮や、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、メッキのインサイドドアハンドルなどを採用。オートレベリング機能付きディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、6スピーカー、専用携帯リモコンカバーなどの装備も取り入れられている。

価格は「Xセレクション」のFF車が129万4650円、4WD車が141万2250円、アイドリングストップシステム搭載の「ECO-Xセレクション」が138万9150円。

(webCG)

「MRワゴン ECO-Xセレクション」
写真のボディーカラーはアーバンブラウンパールメタリックとシルバーの2トーン。
「MRワゴン ECO-Xセレクション」
写真のボディーカラーはアーバンブラウンパールメタリックとシルバーの2トーン。 拡大
フロントメッキグリル
フロントメッキグリル 拡大
14インチアルミホイール
14インチアルミホイール 拡大
専用ファブリックシート表皮
専用ファブリックシート表皮 拡大
ディスチャージヘッドランプ
ディスチャージヘッドランプ 拡大
専用携帯リモコンカバー
専用携帯リモコンカバー 拡大

関連キーワード:
MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ MRワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • 新型「インディアン・チーフ」のパフォーマンスに触れる 2021.6.14 Indian Chief 100年目の進化と継承<AD> 100年の歴史を数える、アメリカの伝説的モーターサイクル「インディアン・チーフ」。節目となる年に登場した新型は、私たちにどのような走りを見せてくれるのか? “パフォーマンスクルーザー”カテゴリーを面白くする、インディアン渾身の一台を味わった。
  • スズキが「アルト」「アルト ラパン」を仕様変更 グレードラインナップを見直し 2020.10.14 自動車ニュース スズキは2020年10月14日、軽乗用車「アルト」および「アルト ラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。今回は装備内容の変更に加えて、グレード構成の見直しを実施している。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
ホームへ戻る