アルトラパンとMRワゴンに10周年記念モデル

2011.11.22 自動車ニュース

「アルトラパン」と「MRワゴン」に10周年記念モデル

スズキは、軽乗用車「アルトラパン」と「MRワゴン」のそれぞれに、誕生10周年を記念する特別仕様車「10thアニバーサリー リミテッド」を設定し、2011年11月21日に発売した。

「スズキ・アルトラパン」の「10thアニバーサリー リミテッド」は、「アルトラパン X」がベース。メインユーザーである女性に配慮したという、以下の特別装備が与えられる。

・「ラパン」のマークをあしらったフロントメッキグリル
・メッキドアハンドル
・プレミアムUVカットガラス(フロントドア)
・誕生10周年記念の専用エンブレム(バックドア部)
・誕生10周年記念ロゴ入り専用メーター
・本革巻きステアリングホイール(ブラウンオーナメント付き)
・フルオートエアコン
・運転席シートヒーター(4WD車は標準装備)
・誕生10周年記念ロゴ入り専用フロアマット
・誕生10周年記念ロゴ入り専用携帯リモコンカバー

ボディーカラーは、特別設定色「メロウブロンズパールメタリック」「カシスピンクパールメタリック」を含む全8色が用意される。
価格はFF車が122万8500円で、4WD車が135万3450円。

同様に、「MRワゴン」にも誕生10周年を記念する特別仕様車「10thアニバーサリー リミテッド」が設定される。ベースモデルは「MRワゴン X」で、特別装備の内容は、以下のとおり。

・フロントメッキグリル
・ディスチャージヘッドランプ
・14インチアルミホイール
・オートライトシステム
・専用ファブリックシート表皮
・専用ドアトリムクロス
・6スピーカー
・誕生10周年記念の専用エンブレム(バックドア部)
・誕生10周年記念ロゴ入り専用携帯リモコンカバー

価格は、FF車が129万4650円で、4WD車が141万2250円。ボディーカラーは全6色で、カシスピンクパールメタリックのボディーとブラックのルーフを組み合わせる「2トーンルーフ車」も4万2000円高で用意される。

(webCG 関)

「スズキ・アルトラパン 10thアニバーサリー リミテッド」
「スズキ・アルトラパン 10thアニバーサリー リミテッド」 拡大
「スズキMRワゴン 10thアニバーサリー リミテッド」のインテリア。
「スズキMRワゴン 10thアニバーサリー リミテッド」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
ラパン, MRワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ラパン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)/アルトラパンG(FF/5AT)【試乗記】 2015.6.29 試乗記 唯一無二の魅力か? それとも購入をためらわせるハードルか? 女性比率9割という“うさぎ印”の軽乗用車、新型「スズキ・アルトラパン」に横浜で試乗。丸くて四角い3代目の実力と、伝統の「うさぎマーク」に対する世の反響(?)をチェックする。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
ホームへ戻る