日産MOCOに「C」グレード追加

2002.08.02 自動車ニュース

日産MOCOに「C」グレード追加

日産は、スズキ(株)よりOEM供給を受けている日産初の軽自動車「モコ」に、新グレード「C」を追加し、2002年8月1日に発売した。

「C」は、「モコ」のベーシックグレード「B」に、UVカット断熱機能がついたプライバシーガラス、1DIN CD一体AM/FM電子チューナーラジオ(デジタル時計組込み)+2スピーカーを追加装備。電動格納式リモコンカラードドアミラ、ブラックドアサッシュ、カラードアウトサイドドアハンドルなども採用された。つまり、「B」に対する「C」なれど、一段と安いわけではなく、日常で便利な装備を追加した、お買い得モデルである。
また、ライフケアビークル「アンシャンテ」(福祉車両)も用意される。

価格は、「B」より7.0万円高の107.3万円(2WD)、118.5万円(4WD)。

(webCGわたなべ)

 
日産MOCOに「C」グレード追加の画像

関連キーワード:
モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
ホームへ戻る