「日産モコ」、エコになって買いやすく

2009.06.18 自動車ニュース

「日産モコ」、エコになって買いやすく

日産自動車は、軽自動車「モコ」をマイナーチェンジし、2009年6月23日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、ボディカラーに新色の「モコ コーラル」と「ペールブルー」を追加し(計7色)、インテリアも、新たに星座柄などのシート地を用意するなどした。

機能面では、ベーシックグレードの「S」「S FOUR」を除く全車にオートライトシステムを採用。ターボエンジン搭載モデルでは、ドアミラーをターンランプ内蔵型の電動格納式とし、アルミホイールのデザインも改めた。

エンジンのシリンダーヘッドが新しくなったのもポイントだ。ターボモデルを除くFF車全ての10・15モード燃費値は22.0km/リッターへと伸び、「環境対応車普及促進税制」の減税対象車に。自動車取得税と自動車重量税がそれぞれ50%減税され、登録にかかる諸経費は、約2万円以上安くなった。

車両本体価格はマイナーチェンジ前と変わらず、105万8400円から136万5000円まで。

また、これにともない、オーテックジャパンが手がけるモコの特別仕様車「エアロスタイル」「エアロスタイル プラスナビ」も同様の変更が実施された。
こちらの新色はノクターンブルー(全4色)。価格は、120万6450円から152万400円までとなっている。

(webCG 関)

「モコ S」
「モコ S」 拡大
「モコ G ショコラティエ エアロスタイル」
「モコ G ショコラティエ エアロスタイル」
拡大

関連キーワード:
モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る