ホンダ、「フィットシャトル」を一部改良

2012.06.25 自動車ニュース

ホンダ、「フィットシャトル」と「フィットシャトルハイブリッド」を一部改良

本田技研工業は2012年6月25日、ワゴンスタイルのコンパクトカー「フィットシャトル」と「フィットシャトルハイブリッド」を一部改良し、同日より販売を開始すると発表した。

今回、「フィットシャトル」「フィットシャトルハイブリッド」とも装備の充実が図られた。具体的な変更点は以下の通り。

■フィットシャトル/フィットシャトルハイブリッド共通
・フォグライトを標準装備(15C、ハイブリッドCを除く)
・LEDコンソールライト、LEDドリンクホルダーイルミネーションを標準装備
・ETC車載器を標準装備(15C、ハイブリッドCを除く)
・リアワイドカメラや照明付オーディオリモートコントロールスイッチなど、ディーラーオプションのホンダ純正ナビゲーションを手軽に装着できる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を追加設定
・ボディーカラーにアズールブルー・メタリックを追加し、全10色のカラーバリエーションに

■フィットシャトル
・FF車はJC08モード走行燃料消費率を18.8km/リッターに向上(16インチアルミホイール装着車を除く)
・リアコンビネーションランプをメッキ+クリアスモークに変更
・4WD車(7月20日発売)にもVSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備

■フィットシャトルハイブリッド
・エクステリアにHYBRIDエンブレム(サイド)を追加

価格は、フィットシャトルが161万円〜196万1150円、フィットシャトルハイブリッドは181万円〜196万円。

(文=工藤考浩)

ホンダ・フィットシャトルハイブリッド (アズールブルー・メタリック)
ホンダ・フィットシャトルハイブリッド (アズールブルー・メタリック) 拡大
LEDドリンクホルダーイルミネーション
LEDドリンクホルダーイルミネーション 拡大
LEDコンソールライト
LEDコンソールライト
拡大
リアワイドカメラ (ナビ装着用スペシャルパッケージ)
リアワイドカメラ (ナビ装着用スペシャルパッケージ) 拡大

関連キーワード:
フィットシャトル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィットシャトル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シャトル(前編) 2015.5.15 画像・写真 ホンダから新型コンパクトワゴン「シャトル」登場。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.7 試乗記 「フィット」の名前を捨て、独り立ちした「シャトル」。フィットとの乗り味、使い勝手の違いは? ワゴンならではの魅力を最上級グレードで探った。
  • ホンダ・シャトル(後編) 2015.5.15 画像・写真 自慢はこだわりのラゲッジルーム。「ホンダ・シャトル」を写真でリポート。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
ホームへ戻る