日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車

2012.06.19 自動車ニュース

「日産ジューク」に白インテリアの特別仕様車

日産自動車は、クロスオーバー「ジューク」に特別仕様車「ジューク プレミアムホワイトパッケージ」を設定し、2012年6月19日に発売した。

今回の「プレミアムホワイトパッケージ」は、その名のとおり“白”がポイントの特別仕様車だ。

オートバイのタンクをモチーフにしたという特徴的なセンターコンソールや、パワーウィンドウスイッチまわりのパネル類は、白で統一。白いステッチが組み合わされたブラックの専用本革シート(シートヒーター付き)も与えられる。シルバーステッチ付きの本革巻きステアリングホイールも、特別な装備だ。

一方エクステリアは、専用デザインの17インチアルミホイール、高輝度シルバーのドアハンドルやドアミラー(電動格納式)で飾られる。ボディーカラーはベースモデルに準じており、1.5リッターモデルは7種類、1.6リッターターボは8種類から選ぶことができる。

「プレミアムホワイトパッケージ」は計3車種で、価格はそれぞれ以下のとおり。

・15RXプレミアムホワイトパッケージ:210万円
・16GTプレミアムホワイトパッケージ:240万300円
・16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ:266万2800円

これと同時に、「ジューク」シリーズ全体では、運転席のバニティミラー追加や、センターコンソールの小物トレイの形状変更といった手直しが実施された。
また、1.6リッターターボモデルは、従来の「16GT」と「16GT FOUR」をベースに、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、プッシュエンジンスターター、電動格納式リモコンカラードドアミラー、フロントフォグランプを装備した「16GT Type V」「16GT FOUR Type V」の2グレード展開となった。
ボディーカラーに新色「メローゴールド」が設定されたのもニュースだ。

シリーズ全体の価格は、「15RS Type V」の162万150円から「16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ」の266万2800円まで。

(webCG 関)

「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」
「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」 拡大

日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像 拡大
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。 拡大
日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像 拡大
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。 拡大

関連キーワード:
ジューク, 日産, 自動車ニュース

日産 ジューク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.25 試乗記 フルモデルチェンジから3年を経て、再びの改良を受けた「スバルXV」。国内外の有力モデルがひしめくコンパクトSUV市場において、XVだけが持つライバルにはない魅力とは? わが道を行くスバル製クロスオーバーの、唯一無二の個性に触れた。
ホームへ戻る