日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車

2012.06.19 自動車ニュース

「日産ジューク」に白インテリアの特別仕様車

日産自動車は、クロスオーバー「ジューク」に特別仕様車「ジューク プレミアムホワイトパッケージ」を設定し、2012年6月19日に発売した。

今回の「プレミアムホワイトパッケージ」は、その名のとおり“白”がポイントの特別仕様車だ。

オートバイのタンクをモチーフにしたという特徴的なセンターコンソールや、パワーウィンドウスイッチまわりのパネル類は、白で統一。白いステッチが組み合わされたブラックの専用本革シート(シートヒーター付き)も与えられる。シルバーステッチ付きの本革巻きステアリングホイールも、特別な装備だ。

一方エクステリアは、専用デザインの17インチアルミホイール、高輝度シルバーのドアハンドルやドアミラー(電動格納式)で飾られる。ボディーカラーはベースモデルに準じており、1.5リッターモデルは7種類、1.6リッターターボは8種類から選ぶことができる。

「プレミアムホワイトパッケージ」は計3車種で、価格はそれぞれ以下のとおり。

・15RXプレミアムホワイトパッケージ:210万円
・16GTプレミアムホワイトパッケージ:240万300円
・16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ:266万2800円

これと同時に、「ジューク」シリーズ全体では、運転席のバニティミラー追加や、センターコンソールの小物トレイの形状変更といった手直しが実施された。
また、1.6リッターターボモデルは、従来の「16GT」と「16GT FOUR」をベースに、インテリジェントキーやエンジンイモビライザー、プッシュエンジンスターター、電動格納式リモコンカラードドアミラー、フロントフォグランプを装備した「16GT Type V」「16GT FOUR Type V」の2グレード展開となった。
ボディーカラーに新色「メローゴールド」が設定されたのもニュースだ。

シリーズ全体の価格は、「15RS Type V」の162万150円から「16GT FOURプレミアムホワイトパッケージ」の266万2800円まで。

(webCG 関)

「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」
「日産ジューク 16GTプレミアムホワイトパッケージ」 拡大

日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像 拡大
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。
これまでレッドまたはガンメタだったセンターコンソールの色に、新たな選択肢(白)が加わった。 拡大
日産ジュークに“白インテリア”の特別仕様車の画像 拡大
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。
こちらは新たなボディーカラー「メローゴールド」のイメージ。 拡大

関連キーワード:
ジューク, 日産, 自動車ニュース

日産 ジューク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジューク(欧州仕様) 2014.5.20 画像・写真 日産はマイナーチェンジを施した「ジューク」(欧州仕様)の写真を公開した。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)/タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.3 試乗記 スズキの1強状態が続いていた軽クロスオーバーSUV市場に、ダイハツが送り込んだニューモデル「タフト」。ライバルとは異なるアプローチをとり、独自のキャラクターを確立したこのクルマは、マーケットに一石を投じる存在となるか?
ホームへ戻る