シトロエン、「C3 AIRPLAY 2」を限定発売

2012.05.31 自動車ニュース

シトロエン、「C3 AIRPLAY 2」を限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年5月31日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の特別仕様車「C3 AIRPLAY 2(エアプレイ・ツー)」を100台限定で発売した。

今回の「C3 AIRPLAY 2」は、2011年8月に150台が限定発売されすぐに完売した「C3 AIRPLAY」の第2弾モデル。AIRPLAYというモデル名に込められた「ドライバーが景色を楽しみ、自然や都会の空気と一体となる感覚を体感してほしい」というコンセプトはそのままに、インテリアには専用のファブリックシートと専用ダッシュボード(共にダークブラウン)、ブリリアントブラックのセンターコンソールを採用。エクステリアにはクロームドアミラーカバーが装着される。

ボディーカラーは、ダークブラウン基調のインテリアにマッチする3色(ブラン バンキーズ/ノアール オプシディアン/ブラウン ヒッコリー)が用意される。

また、2回の法定点検とエンジンオイル/オイルフィルター交換(2回)、指定消耗部品の交換などがセットになった「シトロエンメンテナンス・プログラム・ライトプラン」も付与される。

価格は214万円。右ハンドル仕様のみの設定で、限定100台が販売される。

(webCG)

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る